verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

phpスクール 無料 自分でスキルを会得する 中高一貫校の弱点 本の良さと電子書籍の良さ

自分でスキルを習得するか考えて、プログラミングを学ぶphpスクールの無料体験を見学した事がある。が、確か池袋だったが、結局二回目は行かなかった。スキルがある人を使うという視点が経営者にはある。自分で会得する事もある。自分が何が好きか考えるといいだろう。
なんでかは忘れた。みっちり一・二ヶ月勉強するものだった気がする。
就職先は、選べなかったかもしれない。パソコン教室が流行ってるみたいだ。それだけスキルがある人が増えるのだろう。
未経験の場合、厚待遇は考えず、がんがんスキルを学ぶと、市場価値があがる。
企業に求められるスキルがある。例えば、一般企業だと、けん玉が得意でもなかなかビジネススキルとリンクするのは難しいだろう。


話は変わって、中高一貫教育は、ハマればいいが、はまらないと六年間も同じ学校に通わないといけない。私の親も転校には反対だった。五年で中高の履修を終えて、一年は過去問に取りかかるカリキュラム編成だった、それ自体はいいだろう。私立攻玉社のように、補習クラスを作り、落ちこぼれを減らすのも必要な取り組みだと思った。嫌いな人と長く顔を見せる事になる。

学業と仕事の両立は大変だ。時間がない。仕事とBBT大学の科目等履修生になったが、大変だった。現状を正確に話して、説得して、大目に見てもらう必要がある。

本は、①他の人に読み回せる。電子書籍は、同一アカウントなら、マルチデバイス機能で、他の人も読めるようだ。デバイス制限ありと無制限がある。