日本心霊科学協会 霊査 精神統一 霊能者 評判

スピ系の話。
日本心霊科学協会は、心霊について研究している協会である。
あの江原啓之さんが、10代のころ行ってたというので有名なところ。
どうしたらいいか迷ってたので、初めての所にも伺う魔に勝って、行ってみました。
私は、この魔にはわりと勝てるのだった。
月曜から水曜と金曜日は13時30分から。木曜日は19時からです。
20分ぐらい瞑想します。
精神統一座禅初体験だが、
正座で足がパンパンにしびれました!
慣れるとそこまでじゃないみたいです。
一般会員は、一回1500円です。会員だと、1000円です。会員は、年6000円だったかな。
30人ぐらいいました。
私も、お爺ちゃんのご年齢の方の「霊的能力者」に、霊査したいただきました。
「一歩一歩の積み重ねが大事です」と。 誰でも言えると思ってしまった笑
でも、深い。良い言葉は、プラシーボあるから、信じた方がいいんだよと思った。
また今度いってみよう。
特に、超常的なものには出会えなかったのでした。
3年通ってる人に聞きましたが、霊的能力者の奇跡的なものに、出会った人も中にはいるようです。もちろん毎回霊査は変わるようです。
瞑想が終わって閉会したあとに、霊的能力者のところに行って、アドバイスもらえます。ここには、敢えて自分から動く魔があります。そこに勝つのも大切です。
年に数回交流会みたいなのは、あるようです。交流会にも参加する魔に勝って、参加してみました。14人ぐらいでした。が、ほとんど顔見知りの人のようです。
お食事して、適当な話をする場です。勧誘も、特に何もありません。
瞑想に興味ある人が集まってるのではないでしょうか。
霊的能力者に、5000円払えば、個別相談も受けれます。
今回は、受けませんでした。
独立行政法人なので、ひどい勧誘等はないと見受けられます。
年に、何人かは、サニワに認められたりするようです。
ちなみに、霊的関連の本が売ってたり、借りられます。
各支部みたいなのもあるようです。
超人的なことではなく、心を落ち着かせる力をつけるぐらいの意味合いで、行った方がよさそうです。

あるblogでは、「そちらの協会では、高い霊と繋がれるように波長を高くして低い霊が寄りつけなくなるような考えを主としています。そのためには、協会の中で結界を張り守られた環境の中で瞑想して自分の良い背後霊と繋がれるように座禅するわけです」と書かれていました。
この高い波長というのは、感謝をしていればいいと、体感しました。よって、家でも職場でも、しっかり感謝するのが、大切なのです。私は、毎朝天に土下座すると、調子が良くなっています。
納税長者で有名なさいとうひとりさんも、「守護霊を味方につけた方がいい」と言ってます。

追記 「一歩一歩の積み重ねが大事」のようなシンプルな神言は、他の霊能者でも見受けられました。それをどれだけ大事に想うかにかかってきます。想わない人は、行く必要がない。行く時期でもないようです。

追記 最初の記事から、一年半が経過して、スピリチュアルと実生活の関連の研究がだいたい終わったので、そろそろ、こちらにも、もう一度甘えさせて頂きたいと思うのだった。
どのような展開になるか気になるのだった。
やはり、最初の記事の時は、スピリチュアルに疑いがありすぎたようだった。また、魂という存在も知らないレベルだったのだ。一般的には、科学信奉の人は、そういうものだろう。
あまりにも、スピリチュアルを知らなかったのと、体験していなかったのだ。
量子力学の世界でも、観測者によって、観測結果に影響が出てしまうという科学的な見識があるようなので、あまりに疑うと、疑った結果に偏るのだ。なので、とても純粋フラットな状態でなければ、判断がつかないのだ。だから、サニワというものが必要なのだということを、新しく教えていただいたのだった。

目に見えない存在を疑うよりも、普通にほどほどに大切にすれば、自分を守ってくれます。と神から教えていただいています。ごめんなさいとありがとうで、十分なのです。

精神統一と霊査 前編  日本心霊科学協会 : パンダroom2

パンダroom2 : 精神統一と霊査 前編 日本心霊科学協会

http://blogs.yahoo.co.jp/shinrei_jimu/23860014.html