読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を持たない生き方 カルマから分析

願い、夢というもの。
私は、人の夢を叶えたいと思って生きてきた。が、色々見てく中で、「夢なんて持たなくていいよ」というパラダイムがある。夢を持つから、嫌なことが増えるのだ。今あるものだけで、十分なのだ。私は、夢を叶えるのが、その人のためと思っていた。が、夢を叶えることがその人のためではなくて、夢を叶える途中で、カルマを消去するのが、その人のためな、なのだ。つまり、夢は、小さければ小さいほど、いいのだ。夢が大きければ、それだけのカルマを超えなければならない。私は、夢は持たなくていい自分を認めたい。その人の価値観を認めたい。つまり、夢は、いらないとも言えるのだ。「最近の若者は、夢がないな」ではなくて、「夢は、持ってもいいけど、持つと大変だよ。持たなければ、少し大変だよ」と伝えたい。夢は要らないのだ。些細なことに感謝し続けることだ。ごめんなさい。ありがとう。と伝えたい。
嫌なことがあると、私は、寝る。が、起きても、変わらない。自分でやらなければ前には進まない。
夢を持たなくても、人生は素晴らしいものだ。
私は、やはりあの世という決定的によくわからない世界を探求して、頭がおかしくなった人と同じなのだ。どうも気になってしまう。人は、アホだと言うだろう。自分でもアホだと思う。ただ、それが自分の夢なのか、どうでもいい執着かは、誰にもわからない。ちょっとずつ、進むしかない。