救世主 自分自身である。 自分の救世主は、自分

ここは、まだ完全にはとけてない。

キリスト教圏の人は、メシアは再臨主である、個人である、キリストであると言っています。救世主信仰。72億人のたった一人。
救世主とは、超人で、時代のパラダイムを全て変えられる人なのか。 同じ肉体を持った人が、そのような事ができるのであろうか。
努力の天才と呼ばれるイチローは、メシアか? 世界一有名な宗教家がメシアなのか? マザー・テレサは、メシアか。 インドの路上で倒れて、今にも死にそうな人が、マザー・テレサの介抱を受けたら、メシアに思うかもしれない。キリストや仏陀のような存在か。表に出ない存在か。

確かに、銃弾が飛び交う本当にキツい場面で、救世主にしがみつかないとやっていけない。
ずっと絶望するのは、その人自身にとって、辛い。
来る来る詐欺もある。来る場合もあるかもしれない。

救世主とは、自分自身でもある。
一人一人が、世界の、自分の救世主なのである。まず、今の自分を救えるのは自分であると思ってほしい。

結構核心部分だと思う。
劇的に世の中を先導する、大きな立派な人という意味もあるだろう。
宇宙論、大宇宙論でもあるからだ。

きゅうせい‐しゅ〔キウセイ‐〕【救世主】

1 キリスト教で、イエス=キリストのこと。救い主。
2 人類を救う人。救い主。メシア。
3 不振の団体・組織などを救う働きをする人。「弱小チームの救世主」



自分の救世主は自分しか居ない - 日本の文化は真理の仕組みで出来ている

自分の救世主は自分しか居ない - 日本の文化は真理の仕組みで出来ている





救世主とは (メシアとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

救世主とは (メシアとは) [単語記事] - ニコニコ大百科