物の整理 カルマ

私は、物の整理が苦手である。
なので、何度も同じものを買っていたりする。携帯用充電器を何個も持っている。
これは、良くない癖なのだ。少し今日整理をした。「フリマに出そう、リサイクルショップに出そう出そう」と思っても、なかなか出しに行けていない。物の循環を回している人に、ごめんなさい。ありがとうと思う。
私の母は、物の整理をよくやっている。ありがたいと思う。移動するのも、必要なのだ。断捨離というのは、とても大事だ。私は、カルマの研究をしているので、物自体の整理をしないとどうなるか、エネルギーの本質的にはわかっている分、たちが悪いというか、どうも怠けてしまう。知らずに怠けているのと、知ってて怠ける分、罪が重い。これは、法律でも一緒だ。
「また、今度で良いか」というものだ。人が落ち着くためには、断捨離というのが、必要なのだ。
また、椅子に座る時間というのも、必要だ。外に出突っ張りの時に、トラブル続きで疲弊した。やはり、レンタルオフィスというので、拠点を作る必要性を、後で知った。お金を惜しむだけでは、うまくいかないということも知った。
そして、家だと、同じパターンが多くなる。ただ、瞑想の練習をする場としては、最高の環境でもある。
私は、検討違いをしていた。物の管理を侮った。今まで溜まったカルマが、一気に押し寄せた。人生は、苦しまなければならないのかもしれない。紙を、書類を侮った。間違いだらけの、考え方だった。夢を追うチャンスと思ったが、自分の考えを改めるチャンスだったのだ。失ったものは、大きい。が、またやっていくしかない。諦めたら、試合終了だ。
週刊紙ジャンプ等は、嵩張るから、捨てられるだろう。プロの漫画家でもないのに、多く持っている人は、執着心の現れだ。私は、捨てられなかった。が、ある時から捨てるようになった。読まないし、嵩張るという気付きを得れたからだ。週刊紙は、一つもなくなった。立ち読みもしなくなった。店に、悪いからだ。


モノが多すぎる時、整理整頓や収納は何の解決にもならない理由

モノが多すぎる時、整理整頓や収納は何の解決にもならない理由