読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報の選別 不要 必要

情報は、マネージメントするのである。
私は、情報は、入れた方がいいと思い込んでいた時があった。
が、実は情報というのは、入れない方が良いとも言えるのだ。
脳に、情報を入れると必ず、その情報に左右されるのだ。同じ情報ばかり入ると、考え方が傾いていく。終いには、自分の情報の奴隷になってしまう。この事に気づくことだ。情報の整理整頓が必要なのだ。相手からの、自分に対する情報は、きっちりと把握するのは、必要だ。が、基本的に、情報過剰社会になっている。なので、自分にとって、今その情報が必要かどうか、魂に聞くことだ。この作業を続けることだ。
散歩をするときでも、肉体は動かしつつも、目に入る情報を遮断することも、大切だ。アダルトビデオ等の情報も、スマホで表示されるから、そのような気分にさせられているという広告戦略もあるし、児童に遮断するというのも、また必要なことである。ただ、過激に遮断すると、魂にとって、良くないのだ。これは、奥の奥から引き出さないと、誤解される。

メールを1通見ると、仕事は22分中断!不要な情報を捨て去るセンスはどう磨く?――ノリーナ・ハーツ氏に聞く|IT insight|ダイヤモンド・オンライン

メールを1通見ると、仕事は22分中断! 不要な情報を捨て去るセンスはどう磨く? ――ノリーナ・ハーツ氏に聞く|IT insight|ダイヤモンド・オンライン