読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唯物論 宗教

唯物論的な視点というのは、実は自分を助けてくれる時がある。
当たり前の感覚、当たり前の事が、自覚できるからだ。99.9 9999999%の当たり前がわかるからだ。物を落としたら、落下する。重力だ。
この唯物論的な視点は、特にスピリチュアルに誤った時に、自分を引き戻してくれる
私は、のめり込んだ。そして何かを得て何かを失った。これが事実だ。
また、自分の体験の中に、不思議というものは、存在しないだろう。
どこかで、必ず他の誰かも体験しているのだ。ただ、その人に出会ってないか、その情報を知らないだけだ。この視点は、自分を助けてくれる。

「物しかない」だから、こうしようと思えるのだ。
私は、実証的主義である。が、まだ科学で説明がついていないものや、間違っているものを、見つけたいと思っている。

唯物論における霊魂観
http://www.hm.aitai.ne.jp/~genkou/isikimu/reikonn/materiarism.html

唯物論における霊魂観