日本の教育への恨み、憎しみ

今日は敢えて、憎しみをぶつけてみよう。
進学偏差値教育は、子供の成長や魂の叫びを消す下らない教育である。
まるで、生徒が黙って聞く映画館のような空間が是とされるのであろうか。
なぜ、あそこまで窮屈な空間に仕立てあげるのだろうか。 先生が楽だからであろうか。
個性派というのは、日本では生まれづらい。なぜなら個性を出すと、呼び出しやらで、屈辱を受けるからである。誰だって、屈辱を受けたくはない。むしろ非行に走るのが通常の感覚的な反応である。
あまりに、面白くないのである。
そして、子供は、「どうせ、変わらないんだろうし。みんなと離れるのも嫌だし」と思考停止を余儀なくされる。
オンとオフが上手い友人がいた。
あの空間が今でも、日本全国に溢れているのであろう。

日本には、あの「受験に必要ないから。受験科目にないから」という魔のフレーズがある。


苫野一徳Blog(哲学・教育学名著紹介・解説): ルソー『エミール』

苫野一徳Blog(哲学・教育学名著紹介・解説): ルソー『エミール』

なぜ、日本の教育改革は遅々として進まないのか?-変化の激しい時代にいつまでも時代遅れの教育が続く理由 / ひみつ基地

なぜ、日本の教育改革は遅々として進まないのか?-変化の激しい時代にいつまでも時代遅れの教育が続く理由 / ひみつ基地