verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

その他教育

神と人との境界線の微差

不倫のメカニズム、疑似ロープレ、現代の五種の神器、神と人の境界線、心人合一の人の葛藤、という記事だ。 人間には、カルマが現象界に発生する。苦の葛藤の中で、どれだけ純粋意識を積めるか。擁護するわけではないが、発生する前と後では、取り組む方が変…

情熱を出し続ける事

情熱を出し続ける事と、抑える事 情熱がないと悩むことはないだろうか?私もよくある。なかなか難しいのだ。なかなか情熱を出し続けるメカニズムというのは、私にはわからない。ここは、長年の弱点なのだ。周囲にある情熱を求められる場所にいると、誰しも情…

真意の汲み取り愛

理想的な組織組織というのは、新陳代謝が大事だ。人の一生にも、生老病死があるように、組織にも生老病死がある。やはり、どうしても古株が実権を握る。役割が固定化されてしまうのだ。新しいメンバーが必要なのだ。だから、、AKB48のように、選抜メン…

夢をあきらめる時期かどうか

夢を追う期間夢を追う期間のタイムリミットを決める事は重要だが、肉体感覚的に飽きが来たら、辞める時期なのかもしれない。夢があるから、人は生きれる。夢がなかったら、つまららないだろう。夢を追い始めないと夢は決して届かない。が、夢を追いつめても…

評論家 法律が先か後か

人の評価人の評価ほど、当てにならないものはない。私の母は、祖父が、息子の嫁の家の借金を返した事が偉い事だと評価している。が、それは、反対に、自分で返す機会や目に見えないカルマを増幅させる行為に繋がるのだ。だが、ほとんどすべての人が、それを…

神通力の正体とは 恋愛発生メカニズム

恋愛の発生メカニズムと純粋フラット 小さく狭まったアイデンティティと、大きく広がったアイデンティティとは、どのようなものだろうか。 小さく狭まったアイデンティティの悪い例というのは、例えば、進学先を決める際に、「私は、今、この偏差値だから、…

斎藤一人さん 批評

斉藤一人さん 批判今回は長いので、最初にどのような事に繋がるのかというと、 ①金正恩さんにどのような思念を送れば、より北朝鮮や自分達がよくなるのか(祈りの微妙な差)②これからの執筆表現の形③自分達の記憶層の整理整頓(自分の記憶層の奴隷になってい…

有名人のデメリット

有名人化のデメリット とあるアナウンサーのように、有名人になると、ブログが炎上して、ブログという表現技法が書けなくなる可能性が高くなる。また、悩ましいテーマにすると、賛否両論が起きやすくなる。神秘的な部分が減っていき、客観性に関しては、色々…

叱るとどうなるか? 叱り学 叱られ学

叱り学 叱られ学叱らない人は、叱っていない自分を、認める事だ。叱ると、叱られるのだ。自分を叱っているのと同義なのだ。が、自分を叱っているとは、誰も思わない。これは、叱るのをやめなさいというわけではない。叱っていないのは、自分がした行為である…

不立文字の限界

不立文字の限界と限界突破と限界、、、、、、 霊が使えるテレパシーのような表現技法がある。それは、ある状態を表す時に、霊の力の差と種類によって、使える限界が違う。なので、人に伝達する言語化したほうがいい場合がある。どこまで使えて使えないかは個…

謎の謎の謎の人 想像

謎の謎の人(オカルト)謎の謎の人とは、何をしている人なのだろうか?例えば、食事を取らず、太陽光タンパク質化等で吸収し、絶水や絶食をする超人である。または、一段下がって、太陽光と水だけで暮らす人である。もう一段下がって、太陽光とジュースであ…

霊 情報の盗みやすさと種類

人間には、物思いより>ノートに写すより>電子化。の順番にだいたい場合にもよるが、霊が得手不得手があるが、盗む事ができるようだ。ネットのサイバー空間はちょっと違うらしい。このどの媒体かで、いろいろ選択肢がある。 https://ghostmap.net/

このブログの有用性 

このブログを読む事で、何を獲得できるか①日常生活の微妙な差のインスピレーション。微妙な言葉の微差。②感謝するという事がどういう事か。波長を上げ続ける事。これは微妙。③究極の実在を見ることができた人からの支援。④誰もが同じような苦しみや同じよう…

叱ると怒るの違い 子育て 学校 その他

キレる教育、怒る教育、叱る教育 現在の教育で抜けているのが、自分から敢えてキレる教育である。穏やかすぎると、相手が警戒しないようになるからだ。たまに、キレたり、怒ったり、叱ったりする事は重要なのだ。相手は、聖人君子でもないから、叱らないとわ…