verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

テンイとして、個人として、差別化されたもの

俺個人として、tenniとしての、差別化されたモノ
①純粋フラットの原理を熟知している
②Shinnzinn合一状態である。
③まだ、若さがある。可能性がまだある。それは、主の器になれる条件が、まだ存在している日本人としての僅かながらの人なのだ。肉体的に、まだ健康で、鍛えれば、さらにパワフルに動ける。
④天衣無縫の動きができる
⑤どの組織よりも、理想状態を描ける。が、まだ人類がその段階ではないので、保留する事だ。
⑥神の意図を再現する能力がきわめて高い。これは、固定していないからでもある。
⑦一応神も、個人としての山下智也と、魂体としての魂を、考慮してくれている。
⑧ドンドン変える事ができる。
⑨極めてスキャンダルになる火種がない。これは、主の器の条件の一つなのだ。一応、主の再臨は、世界中の人が望んでいるのだ。が、タイミングもあるし、やらない場合もある。それは、人類と神の全てにかかっている。→今世紀はしないようだ。
⑩ものすごい情熱に溢れる可能性がある。状況次第では、先導的な動きをする可能性もある。ただ、使命的には、どちらかといえば、究極の純粋フラットになりきり、動く事なのだ。どちらかと言えば、「空」的な動きなのだ。どの人も、「空」的な動きも必要なのだが、それよりも多くの「空」的な動きが、使命に忠実なのだ。が、人類の認識活動に影響を受けるのだ。これも、天衣無縫の動きなのだ。
⑪要は、器として、整っているといえば、整っているのだが、個人の山下智也の意識と、人類の人々の意識との兼ね合いがあるのだ。なので、今はタイミングではないのだ。総俯瞰的にワールドワイドに俺も見れないので、わからないだけだが、神は見れるので、まだそのタイミングではないと言うことは伝えられる。
⑫、、、、、。
 

①実社会で偏見をなくすキャリアが甘い。論文をまとあげる力も弱い。相手の顕在意識へのアプローチの研究と実践が弱い。
②、、、、。
 

www.christiantoday.co.jp

 

追記

状況をつぶさに見てくと、俺個人を見捨てて、宗教戦争を助長になるため、キリストの再臨は、今はしないっぽい。