verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

志教育 嘘 間違った志

そもそも、志が間違っているケースがある。
昔、自分が不幸のどん底にある時に、誰かに助けれてほしいと思ったものだ。
誰かが助けられないのだ。神も助けづらいのだ。
大人になるにつれて、それが不可能に近い事を知った。
何かの責務がある人は、その仕事を優先するので、そこまで踏み込めないのだ。
その時は、誰かがレールから外れた場合に、子供や大人のキャリア保険というものを、ビジネス化したらいいと思っていた事があった。
が、キャリアを保証できない現実がある事を知った。
例えば、病気で入院生活を余儀なくされる事がある場合に、それを保証できない。
保証できないものを、保険にする事ができないのだ。
もし、仮にお金をもらい積み立てても、積み立てた時に、それを是正するのが難しいのだ。
専門家でも、難しい場合に、専門家集団でも、引きこもりのある特定の子を救い出す事が難しいのだ。
専門家集団は、なかなかお金もかかるので集めるのも一苦労なのだ。
コネクションがあれば、できる事とコネクションがあってもできない事があるのだ。
簡易的な教育や施術では、お金をもらっている人は、納得しないだろう
ただ、私のように、レールから脱線しまくった経験があるので、レールから脱線しない教育というのはあるだろう。
みんなと同じ行動を取る事を心掛け続けるのだ。
結論から言えば、自分でどうにかするしかないのだ。