verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

我究館 社会人 評判 宗教

我究館、うーん。
内容としては、自分の夢の構築や自分の現在地を知ることをつなげる事をやろうとしている。
社会人コースに行ってみたことがある。
人それぞれドラマがあった。

その人に取っては、人生の転機になる人もいた。
「やっぱり今の企業がいい」「変えてみるか」等である。

個人的には、行かなくても良かったかなという印象だ。

夢のデザインをするというイメージの内容だ。
あと、宣伝に力を入れれば、高付加教育サービスは、こんなにも金をとれるのかとも思ったものだ。
個人的には、その後の支援に当たる転職サービスを、断られた経緯がある。
優良企業を目指す高スペックの大学の就活生は、行ってもいいかもしれない。

我究館創始者が書いた絶対内定という本は、優良企業側の企業人事が、何をスペックとしているかが、
わかるので、一読してるといいいだろう。就活生は、人事側の選考基準が不透明なので、どこで落とされるポイントになるかがわかるからだ。
また、大学生活で、何をしとけば、優良企業に入りやすいかがわかるだろう。
元々スペックが低い学生は、スペックが低くても経験やスキルが積める企業にまず勤めてから、転職するかそのまま勤めるか選べば良いだろう。我究本を読まないで、普通に就職する人や当てはまらない事もある。我究本では恋愛経験が否定的だが、人事や営業の人にとっては、恋愛経験を肯定的に見る人もいる。


社会人は、そんな必要性薄いかもと個人的には思ったものだ。

宗教っぽさは、コーチ人と特定の生徒が創始者を崇拝し過ぎている点だろう。


「就活塾」と一言で言っても色々あるらしいのでいくつか調べてみた。 | 学生団体へのススメ - 学生団体のためのノウハウサイト

「就活塾」と一言で言っても色々あるらしいのでいくつか調べてみた。|ススメ-学生の一歩を応援するメディア-