verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

デジャブ 記憶 夢 統合失調症

ある環境やある土地に行くと、だいたい同じ記憶が沸き起こってくるのではないか?
例えば、田舎の土地に行けば、親戚の記憶が呼び起こされる。
だいたい、ある一定の量の同じ種類のものだ。
が、ある意味ここで、自分はだいたい同じパターンの記憶になっている、相手は、同じパターンの記憶になっているということに、呆然とする。確かに、楽しい思い出を語り合うと、楽しいものだ。
が、あまりにも同じパターンになっている。
初めて行った土地にも、既視感というものがある。これは、夢で見ているか、記憶違いか、集合的無意識にアクセスしているかだ。
深くイメージすると、その土地の個性のようなものもある。軽井沢と小田原は、やはり違う。街全体が、何かしらのムードを漂っている。個性というより、使命と表現した方が、適切かもしれない。
誰しも無意識的には、感じている。意識的に、感じる場合もあるだろう。その土地の研究をしている人は、その土地の個性のイメージを持っている。


デジャブとは何か?意味と原因、予知夢との関係

デジャブとは何か?意味と原因、予知夢との関係


デジャヴ(既視感)と記憶の心理学|からすのひろいもん

デジャヴ(既視感)と記憶の心理学|からすのひろいもん
個人的には、統合失調だから、デジャブを感じやすいというより、幻聴がデジャブを出すという方が、正確な意味合いとしては、強いだろう。


追記
夢も、新しい記憶というか体験をすると、夢の内容も変わっていくのだ。