夢 見る 原理

夢の中で、何をしているかが、とても気になっている。
昔からの謎だ。フロイト心理学もある。
最近は、夢があまりにも、リアルだ。
自分自身で、何かチャンネルを変えている、ざざーと。ざざーと。この画面かな、この画面かなと。そして、飽きや、嫌気が指したら、この現実に行こうと念じて、次の瞬間、目が覚めている。再起動だ。
私は、この現実世界から、必要に応じて、夢の世界に呼ばれているというのは、経験してる。もはや、自分の意思で、防ぎようがないのだ。シャットダウンする。ただ、あまりにも、種類が多いのと、脳のキャパシティの問題で、この現実に持ってこれないのだ。
というのは、冗談はさておき。
誰でも嫌なことがあったら、寝ると元気になるのではないだろうか。寝るメリットは、そこにある。
また、脳というのは、自分に都合の良い情報を、引っ張る癖がある。だから、要注意が必要だ。瞑想もやりすぎはよくない。記憶の再整理、情報体のやりとりをしている。


「人はどうして、訳の分からない夢を見るの?」: エムズの片割れ

「人はどうして、訳の分からない夢を見るの?」: エムズの片割れ