スリと脅迫

スリは、当たり前だが、「盗んでやろうとする」魔に負けている
魔が差すと、スリに快感を覚えるようになる。
そして、常習犯になり、
いつの日か、刑務所に入ることになるルートが作られる。今回は、当たり前の事を書いている。手グセが悪くなる。私は、スリをしない。スリを一度か二度だけ、中学生でした記憶がある。怖さとスリルがあるものである。ただ、私はやはりやらないほうがいいというのと、臆病風でやらないことにした。

【魔が差す】魔というのは、本当に差すものなんだよ。 - 3年後の私をつくろう

【魔が差す】魔というのは、本当に差すものなんだよ。 - 3年後の私をつくろう
魔というものに負けると、そのようなルートが発生するものである。

不意に孤独感を感じるものだ。特に相手が電話に出なかった場合に感じるものだ。