読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想的な食事 エネルギー交換とカルマと感謝の関係性

日常生活 純粋フラット

理想的なレストラン

理想的なレストランというのは、どういうのか本質に到達した。
それは、全てが時価で変動制のレストランなのだ。入店から退店まででのエネルギー交換によって、請求額が変わるレストランなのだ。

時価というのは、高級寿司店だけではないのだ。あれは、ネタの仕入れ代金の違いを考慮しているだけである。が、本質は違うのだ。日常の食事でする必要があるのだ。

あの人は、食事中に嫌なものを発しているというのは、どの人も思ったことはないだろうか。これもエネルギー交換の差異で説明がつくのだ。
さいとうひとりさんは、「あなたに売るものはありません」ととてつもなく嫌な人には言うようだ。これは、実は勘違いした人に対しては、言わないと、その人のためにならないのだ。要は、客だからといって、横柄になって良いわけではないのだ。このあたりも、エネルギー交換と感謝とカルマに関係している。


また、例えば、店側としては、宣伝をお客にしてもらったら、たいてい嬉しいもので、請求額を安くしたい気持ちになるものだ。
場合によっては、10円程度になるかもしれない。それは、その人が宣伝行為をしてくれた場合でもある。

また、感謝行を用いた食事法で、金額が安くなるのだ。
例えば、ある定食だけを出すレストランで、一応目安幅の額が、300円~2500円にしておけばいい。ただ、あくまで目安なので、変動する。

「あなたの食事法では、330円!」「あなたのエネルギー交換では、2300円」となるレストランだ。
勿論、それは厳格なサニワ役が必要なのだ。
意識を入れずに、判断する役と、物事の道理を説明する役なのだ。
「なぜ、私は、2300円も取られるのか」と考えてほしいわけだ。
客側としても、「おお、こうしたら、安くなった」というのも面白いのだ。
食事の後に、自分が嫌なイメージが湧いたなら、ほとんどの場合、自分の感謝行が足りないのだ。この事に気付いていない人も多い。

食事で、カルマを積む人が非常に多くなってしまった時代に、飲食関連の法案が変わればいいかもしれない。
が、やはり、不正が蔓延る時代なので、導入は不可能だろう。
内輪でやるしかない。
グループ内の代金の支払いも、割り勘だけではないのだ。この辺りも、お互いに気遣いがあれば、良い塩梅に落ち着くのは、誰もが経験している事だ。私も、お金がないときは、多めに払ってもらうことも多かった。あるときは、多めに払うのだ。そういううまい形にするものなのだ。

店とお客という立場でも、このようなものが、本来の理想的なエネルギー交換と感謝を用いた、食事法なのだと気付く事なのだ。これは、飲食店だけではなく、どの決済にも言えることなのだ。

そういう人が増えれば、幸せになる人が多くなるのだ。それは、自分がどこでカルマを積んでいるか、なかなか人はわからないからだ。

私は、違う案件で、3000円請求されたが、ふと、「なんか嫌だな」と思ったものだ。

それで神に聞くと、2518円が正確なエネルギー交換の値だったのだ。これは、先入観と記憶層を排除
しないと、わからないものなのだ。

人は、記憶層により、何か自分を擁護しがちだからだ。

誤差の482円分が、嫌なイメージだったのだ。が、勿論逆にエネルギーをもらいすぎた場合は、3300円と300円高く払うのだ。
要は、本質的には、お互いで合わせられれば、いいのだ。悟った人同士であれば、できるのだ。

中心の中心の心から、情報イメージを引っ張れれば、人は、本質的にエネルギー交換がわかるようになっているのだ。
ただ、ちょっとした誤差は気にしないことなのだ。
ということを教えていただき、ありがとうございます。多く払って、ごめんなさい。
霊的な能力は、自分のために、あるものではないのだ。
高い土地代を払うために、埋め合わせに、霊的能力を中庸よりも高い値段の商品にイメージ変化させて、マーケティングが成功すると、+と-エネルギー両方発生するので、あとで、評判が落ちるのだ。そういうものなのだ。簡単に言えば、霊的イメージが付加された健康食品だ。
そうはいっても、マーケティングと、お金と健康食品は、仕方ないという視点はあるが、カルマをためることになるのだ。
勿論、マネタイズとマーケティングは学ばなければならない必須項目だ。が、いきすぎては、カルマをためるのだ。この辺りは、微調整を繰り返すしかないのだ。飲食店の代金が頻繁に変わるのも仕方ないものなのだ。やり過ぎもあまり意味がないが。

人は完璧な視点と、完璧じゃない視点あるが、完璧になりたいものなのだ。だから、あまり人を批判しても、罪を作るだけなのだ。ごめんなさい。ありがとうございます。

お金を取る催促する立場と、お金を払う催促される立場で、見方は違うのだ。「いやいや、おまえが考える事ではないという」魔と助けがあるものなのだ。
私は、思考モンスターなので、思考の無意識マップを売り物にしているだけなのだ。他の人は、他の無意識マップを売り物にすればいいのだ。

お金の思いこみが強い人に対して、何か効果的なものを、そろそろ発表していきたいのだ。「そんなバカなと思う人は、自分を苦しめているのだ。」とも言える。
誰かが見ていると、意識や記憶が入り、本質に辿りつけない。
ただ、同じような変動性レストランでも、操作欲に取り付かれて、金額を変動する人もいるので、注意が必要なのだ。

感謝の循環とお金の循環、双方をうまく循環させるのだ。私は、これぐらいのエネルギー交換がベスト、スキルもこれぐらいで十分。ということを神からやっと教えてもらった。何年もかかった。が、なかなか、現代の仕組みでは、それでは食っていけないのだ。
だから、時代が追いついてほしいと思う気持ちと、時代に下っていきたいという気持ちの両方がある。
なので、しっかりとお金の思い込みが激しい人向けに、プロ用の表現というのも必要になりそうなのだ。「あの人は、それで飯を食っているというレッテルだ。」仕方がないので、そのレッテルを張られるように頑張っていこう。レッテルを張らせなくて、ごめんなさい。
やはり、プロを経由して、より純粋に思い、無料にしたというのが、どうも必要なのだ。初めから、純粋に思って、無料という作戦だった。が、無料も時として、カルマを積むのだ。価値をわかっていない人には、豚に真珠なのだ。
それにしても、私にとって、魔から逃げなければいいだけなので、お金は寄付と話し合いで十分なのだ。が、それでは、なかなか多くの人に価値をわかってもらえない。


プロのアイデンティティを取っている自分も認めたい。お金を請求している自分も認めたい。
勿論、プロになればなるほど、エネルギー交換の目安が高くなるのは、ご存じだろう。「生きいてかないといけない」という思いこみが、人を苦しめ、また時として援助に繋がるのだろう。
どれくらいエネルギー交換をする日常がベストなのかという疑問があったからだ。
ちなみに、近所のあのおばあちゃんは、足りないようだ。
あのおばあちゃんも、足りていないようだ。
私のおばあちゃんは、片方は足りているようだ。
これは、おばあちゃんに限ったわけではなく、どの人にも言える事なのだ。足りていれば、幸せなのだ。
何十年後かに、今の私のエネルギー交換で食べていける状態(使命量の中庸)に社会がなればいい。
日常で、カルマをためずに幸せに生きている実感を持つことなのだ。が、周囲の認知の問題で、今は難しいのだ。肉体に偏るのを、少しずつよくしていこう。やはり、今の生活が続けられるという保証が必要なのだ。
死生観の無意識マップを進める事と、生きて使命を発揮するという前提の取り組み、双方必要なのだ。
となると、社会制度という大きな事と同時に自分の日常生活を極める事が幸せに繋がるのだ。
今の社会制度では、マネタイズのハードルが高すぎるのだ。なので、余計にカルマを溜ながら、大きくしていく手段を取らざるをえないのだ。
ただ、やはり論より証拠なので、仕方なく、愛情でお金の思いこみが激しい人向けのために、じゃんじゃん稼いでいこう。お金を払う基準が高くなり、なかなか払わないのだ。それで自分を苦しめているとは思わないのだ。ただ、欲に勝つことは、必須条件なのだ。
あとは、不必要な不安にどう対処するかだ。やはり、お金の仕組みと循環が、純粋フラットから、離れているので、四苦八苦にどの人も陥っているのだ。
それにより、使命の発揮が抑えられてしまっているのだ。
そうすると、普通のビジネス書のように、ずば抜けた専門技術の特化で戦うしか今の現行資本主義システムでは、難しいのだ。
ただ、自分だけ使命発揮量が多くても、他の人を抑制するだけで、嫌われるのだ。お金というのは、長年それだけ思っていれば、手に入るようになっているのだ。だが、誰しもそこで+エネルギーだけでなく、-エネルギーも出しているとは思わない。
それが、いつしか-エネルギーが内外反転して、不幸に陥るのだ。急がば回れという諺なのだ。
使命というのは、この使命量発揮もあるのだ。
中年で、カルマを溜めながら、使命を発揮した場合、晩年で、逆転して苦しくなるのだ。
私は、慈悲深くあのおばあちゃんを見る自分と、ああやはりそれで今苦しんでいるのだなと冷静に思う自分、双方いるのだ。ようはカルマを溜めると、ゆくゆくは、自分で思うように、活躍できない場面が続くのだ。

私もカルマを溜ながらの使命発揮量が高くなり過ぎた経験があるので、周囲と合わずに困ったものだった。
そうすると、場を変えるしか方法がないと思われる。または、自分で考えを改めるしかないのだ。
自分では抑圧しているつもりはないが、やはり抑圧していたのだろう。
また、人は、自分が抑圧されたという過去の記憶層を、持ち出して、抑圧の解消行動に出るのだが、ある時から、使命発揮量が中庸になっているにも関わらずに、過去の記憶層にこだわりすぎて、自分を苦しめてしまうのだ。これで十分なんだと認めてあげる事なのだ。
使命の発揮量を中庸に合わせ続けるのはとても重要だ。

ちなみに、類友の法則というのは、肉体的使命発揮量が同じ人同士がくっつくようになっているのだ。
これは、魂体的ではないのだ。が、これは少し難しいので、またの機会にしよう

思考というのは、肉体付随なのだ。
心というのは、魂体と霊体なのだ。
思考は、一瞬では変わらない。
が、心は、常に変動しているので、一瞬で変わるのだ。
これにより、微妙な捉え方ができるだろう。