読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の専門 最終結論版

私の専門は、何か、、、。
最終結論として、凝縮すると、
①感謝と日常生活の微差②究極の実在への教育
この二点のみなのだ。
ただ、なかなかそんな簡単に伝えられるものではないので、あらゆる手段を用いて、表現しているのだ。
膨大な量をすれば、必ず凝縮する時間をとれば、凝縮できるのだ。
本質世界では、膨張ばかりしていると、凝縮に向かうのだ。
この二点に凝縮するのにも、長年かかった追究があったからなのだ。これも、この世の中の仕組みなのだ。

いつも見守っていただき、ありがとう。トロトロして、ごめんなさい。

纏めようとするのが大切なのだ。誰もが、纏めたいのだ。ただ、なかなかこの二つに合う仕事がないのだ。宗教がかなり近いのだが、どうしても宗教は、ある信仰のブロックがあるのだ。また、範囲も狭くなってしまうのだ。そこが何かと嫌な部分でもあるのだ。これも思い込みなのかもしれないと、常に思うことだ。自分で仕事を創るのだ。
が、なかなか生ぬるいものではない。家族に対してどこまでできるかというのは、鍵なのだ。専門分野というのは、プロに必要なのだ。
①感謝と日常生活の微差②究極の実在への教育
プロとして、これをしっかり進めていこう。