友達にこんなこと言ったらという魔

友達に、こんなこと言ったらという魔がある。私は、本を書くという事を言うのに、一瞬その魔があったが、何とかクリアした。友達や家族に言えないことは、どの人にもほぼ言えないからだ。また、今さら、これ渡しそびれたけど、渡すのどうかなという魔もある。時が過ぎれば、状況は変わるのだ。あの人とあの人は仲が良いというのも、変わるのだ。また、対決意識というのは、とても大事なものだ。
私は、六月までに本を書く。意外と時間がないのだ。本のオリジナリティは、どこかというのを考えていた。 ①宇宙の法則と根本の動きを、身近で具体的に伝えていること②魔の正体に対する豊富な具体例③家族とのやり取り④色々な視点。といったところだ。 が、