親の因果は、子に報う 嘘と本当

親の因果は、子に祟る。


親の因果が子に報い | 法瀧庵-祟りはないと知ってほしい霊能者のブログ-

親の因果が子に報い|法瀧庵-祟りはないと知ってほしい霊能者のブログ-


勿論、視点に依るという譲歩はある。が、私の自業自得なのだ。が、どういう事か、考えてみよう。
例えば、私は、東北のスーパーで、やけに、ボランティア活動をしていた。
が、それは、私の母が、スーパーで悪事をしていたのも一因だったようだ。
それは、にんにくの小パックを沢山タダだからといって、貰っていたからだ。
このような甘えの魔に対して、家族というのは、甘えを質す必要があるのだ。
私は、そうとは知らず、食べていた間抜けだった。
昔から言われているように、
タダより怖いものはないのだ
私は、怒ったのだ。謝ったのだ。甘えていたのだ。母は、少し謝った。
モノのエネルギーを、甘く見ていると、ツケが回る。
お金を払っているものと、お金を払っていないものと、感謝量の関係で、カルマができるのだ。
当たり前だが、お金を支払っているものは、感謝量は、多くなくても、カルマにならないのだ。
が、お金を支払っていないものは、感謝量が、多くないと、カルマになる
のだ。
塵も積もれば、山となる。

値段-払う金額±感謝量=カルマ
というようなイメージだろう。時と場合に因るのだ。「良心に従え」というのが、一番なのだ。
ちなみに、因るという字は、因果の因という字である。

近似値の数学的な算出方法が、いつかできると思うが、その推定公式は、またどこかで発表できるといいかもしれない。
私は、甘えてごめんなさい。気付かせてくれて、ありがとう。と伝えたい。
家族は、同じ想念体を共有しているというのは、以前に書いた。カルマは、共有している。
ごめんなさい。
日常生活を見直し続けないといけないと思ったものだ。 気付かない私が悪いのだった。ごめんなさい
私は、甘えるよりは、ボランティアをした方がいい。ボランティアは好きなのだ。ごみを拾うのとblogを書くのは、ボランティア精神なのだ。これは、親に勉強させていただいたお陰なのだ。つまり、私が、改めれば良いことなのだ。やはり、どうしても誰でも、怒りの魔に取りつかれて、被害妄想的に表現してしまう。が、全て自業自得なのだ。全て私が悪いのだ。私は夜中にニンニクを食べた。意地っ張りという魔もあるからだ。これで、明日から、6時半に起きるのだ。

親の因果が子に報い、因果は巡る! 女性の生き方に関するコラム

親の因果が子に報い、因果は巡る! 女性の生き方に関するコラム