verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

仕事がなぜ面白くないか お礼の形

仕事がなぜ、面白くないか。
いや、面白いとも言える。
が、今回は面白くないパターンから考えてみよう。やはり、固定化するから、面白くない
のだ。
この手順で、ここまで、このようにすると、絶対固定化するから、面白くないのだ。
が、社会を維持するのには、その物事の大小により、数十年間の絶対的固定状態、北極の氷のような状態は、必要なのだ。私たちは、散々固定解除を訴えているが、結局固定するのも、必要という笑える状態になってしまう。要は、少しずつ変えていけば良いのだというのは、最終結論だ。
行政に、ストライキされたら、困るのだ。

ふと、HYのwhistleというアルバムなのだが、全く損傷がないようなのだが、聞けないのだ。これは、おそらく、私が感謝してなかったからだろう。感謝していないのに、買ったからだ。いや、貰ったからだ。こういうのは、良くないのだ。
だが、感謝したら、聞けるのかというと、私にはわからない。多分、聞けるかもしれない。固定的に見えるものも、固定的ではないのだ。物質を、意識の器で見ると、何も変化していないように、感じるからだ。今の世の中では、普通だ。
したがって、私も意識の器なのだ。
まだまだ、鍛練が足りないのだ。ただ、盲信というわけではない。が、盲信すると、先に進めるとも言える。やはり、仕事には、自分達の意識で、変化を加えるしかないのかもしれない。
ご褒美をあげることだ。嗅覚というのを、食事の前に、しっかり使うと元気になる。食事は、気が抜けない。私は、思い浮かんだことを書くのが好きなのだ。これも、内外反転の原理がある。昔から、そうだった。やはり、人間は、現出化させる事に、快を覚える存在なのだ。この世は、痛みがあるギャグなのだ。どれも楽しい体験なのだ。私は、優秀な作家になるために、どうしたらいいか考えた。①家事を徹底する。②朝五時に起きる
シンプルに言えば、これなのだ。隣のおばあちゃんは、一人でも、きっちり徹底している。これが、自立というものだろう。私は、自立したくないと思った。やはり、匠の技というのには、憧れたほうが良さそうだ。頓珍漢に見えることも、繋がっている。有用ばかり求めたいた自分だったが、無用のものも、面白いと感じたものだ。
究極の実在が、一つの動きであるらしい。かなり確信してきたが、もう少しなのだ。このもう少しというのは、感覚のもので、目に見えないものに対して、様々な角度の検証が済んだ場合、本当に最後の決め手は、信じるというものなのだ。最初に盲信する場合もあるが、ぶつかりながら、確信になるのだ。ただ、私は、最後の一歩まで、そこまでいけてない。どうしたら、腑に落とせるのか、考えている。魂の修行を進めることだろう。なかなかしぶといのだ。今、全力で当たっている。数多の人が、そこに挑戦している。まだまだなのだ。物理現象の考察と、魂の修行のセットのようだ。かなりヒントをいつも、頂いている。が、なかなか、ハードルが高いのだ。この死闘に勝てるのだろうか。たゆまぬ追究次第だろう。
一つの動きなのだ。ということは、究極の真理としては、何をしても良いということなのだ。自分の人生なのだ。それにより、良いことも、嫌なことも、全て起こるだけなのだ。これは、びっくら仰天だ。笑って生きようと思ったものだった。昨日の自分と、明日の自分どちらが好きだろうか。今の自分だった。
楽をしようという魔がある。どうせ、家族だから、見ていないというのは、伝わるのだ。ご飯を30分寝かせるかという事について、負けずに寝かせた。こういうのが、有り難いのだ。日本では、飲食店の価値が、金額的に落ちてしまっているので、そこでカルマを溜める人が多い。店員と客の、疎通がスッキリ行われないような仕組みが増えたからだろう。これは、意外に恐ろしいのだ。牛丼屋さん、ごめんなさい。ありがとう。私は、牛丼屋さんに、チップを払ったことがある。友人を寝かせてあげたいというのと、ある時に起こしてほしいのと、少し情報交換をしたからだ。とても、喜んでいた。日本でも、チップを渡してはいけないというのは、思い込みなのだ。が、あまり多用するものでもない。
お礼の形というのは、色々あるのだ。
自分が成長した姿を見せるのが、一番なのかもしれない。楽をして、簡易なものにした分は、どこかで苦として、帰ってくるものである。