読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反省する時間をとらない魔

反省する時間というのは、きっちり取るのだ。インプットばかりしていると、反省する時間が取れない。英語の勉強は、ほとほどで良いのだ。自分の魂のための勉強の方が、自分を幸せにしてくれるのだ。今大事なことに集中することだ。私は、今大事なことに集中するのが、できなくなった。寒さを凌がせてくれて、ありがとうございます。と毎日思えるかどうかなのだ。感謝できている人は、思えるのだ。「寒い」だけではないのだ。そして、体を暖めさせてくれて、ありがとうございます。なのだ。
いつも、調子に乗ってごめんなさい。アルバイトもしないで、ごめんなさい。好き勝手なことばかりさせていただいて、有り難うございます。私は、沢山の記事を書くことで、償いたいのだ。社会で苦しい思いをしている人の中で、甘えてごめんなさいということを。だからこそ、多くの人に少しでも見てほしいのだ。同じような気持ちの人がいるということを。社会全体で戦っている仲間だということを。インターネット上にこれだけの情報があるから、自分の気づきというのは、誰かが経験している。陳腐と言えば、陳腐だろう。が、それはそれで、かけがえのないものでもある。それを、統合できたら、より良いのかもしれない。自分でアウトプットするのを、愛することだ。目標と目的を、しっかり定めるのは、やはり重要なのだ。何事も、中途半端な理解で、ごめんなさいという気持ちを持てるかどうかだ。会社にいなくても、自律した生活というのは、できるのだ。自分で勝手に思い込んでいるだけなのだ。