読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分が、その人に勝てないんじゃないかという魔

自分が、ずっとその人に勝てないんじゃないかという魔に、負けないことだ。どんなに力量差があるように見えても、順繰りにやれば、見えてくるものだ。ある時ふと、「あ、いけるな」と見えてくるものだ。
自分がしっかり道に走っている事に気が付くことだ。暗闇に見える道も、いつかは光明の道を通るのだ。これがあるのだ。負けないことだ。必ず、自分で付け加えようとしなければ、偉大な人と並ぶルートは、出現しないのだ。ここは、寂しい道だが、ある時、偉大な道だったと気が付く。