自分の猜疑心

私は、とても猜疑心が強い。
が、裏を返せば、科学者的な思考なのかもしれない。裏付けが欲しくなる。が、裏付けがないと、不安なのだ。が、時に自分の人生に鑑みれば、その裏付けは、嫌な気分にさらされることがある。例えば、20代の時に逃げた魔は、一生付きまとうという文章があるとしよう。それは、自分を前に進めるためにある言葉なのに、それを逆に使って、より後退するのだ。どのモノも、自分次第なのだ。