読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自暴自棄の魔

誰しも、「やってらんねー、」と感じることはないだろうか。
私は、報われない時に、「やってらんねー」という魔にとりつかれる。朝起きて、嫌な気分になる。ここにも、愛のエネルギー想念法だ。ただ、「やってらんねー」というのを、恒常的に持ち続けると、体に毒になる。だから、誰かに聞いてもらうのも良い。愚痴聞き屋というのも、存在する。自分自身の課題に関して、客観的に見れるようになりたい。
返信がなくて、不安になることはないだろうか。 ただ、自分がしてないと気付くことも重要だ。たくさんの思索をしていくと、思い方にも、限界があることに気付いていく。そして、やり方を変えていく。例えば、イラストを載せてみようとする。

f:id:verymuch8:20170120101819j:plain

これは、やり方を変えたものだ。が、このやり方も、思い方と同じで、限界がある。が、やってない人が、やり方を変えないのは、良くない。
まずは、王道のやり方を変えることだ。
しかし、先の話だが、やり方を変えても、ダメなものはダメなのだ。これで次は、あり方を変えようとする。あり方とは、状態を変えるということだ。


保育サービスのあり方検討会報告書(平成17年9月)|杉並区公式ホームページ

保育サービスのあり方検討会報告書(平成17年9月)|杉並区公式ホームページ

これは、杉並区の保育サービスのあり方だ。こういう街の構想で、こういうサービスだといいというあり方だ。が、悲観するわけではないが、あり方を変えても、どこかに歪みが出てしまうような気がする。が、進めてみないとわからないとなる。共生社会というのは、誰でも望むが、どういう風に、共生していくかの現実問題がある。体の良い言葉が、羅列していく。それを、よく考え抜かれたという風に考える私のようなバカもいる。人間は、悟りきるまで、思い方、やり方、あり方、を変えていく。