読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事 固定観点

仕事については、当たり前の価値観がある。仕事は必ずしなければならないという価値観だ。だが、それは、時と場合と状況によるのだ。甘いと言われるが、そうなのだ。また、仕事、基本的な意味合いで、生計を立てる業務の事だ。ここにも、とても強い観点がある。法律的な観点でも、国民には勤労の義務がある。

「勤労の義務」について考える | 教員コラム|慶應義塾大学 通信教育課程
http://www.tsushin.keio.ac.jp/column/entry/000176.html

「勤労の義務」について考える | 教員コラム|慶應義塾大学 通信教育課程

が、処罰対象ではないようだ。
納税の義務がある。これは、きっちり払うのが、国民の勤めである。が、貯金を崩して、ボランティアに従事している人は、仕事をしていないのだろうか。仕事という定義にもよる。また、不労所得をしている人は、どうなるのだろうか。