悟りの数 諺の数

悟りの数
どれくらいだろうか。

計算してみた。
一日1440分×365日×40才=21024000
分である。そして、30分で一回のペースで気付きを得たとしたら、700800個である。約70万個である。
480分(八時間)で一個のペースの場合、43800個である。約4万ちょっとである。「故事・俗信ことわざ大辞典」(小学館)には、43,000項目らしいので、諺の数と同じくらいである。が、その諺の項目が、自分の体験の気付きの中であったかどうかである。
知識として持っている気付きと実体験がある気付きは種類が違う。基本的には、実体験がある気付きに絞ってみよう。年長者には、それだけの悟りがあるようだ。やはり、項目と、体験がどれくらいあったのかチェックできないと、どれくらいの悟りかはわからないかもしれない。
悟りには、重要な悟りというものは、あるのだろうか?
これは、どうだろうか。
「窮鼠猫噛む」と「弘法にも筆の誤り」の優劣はあるのだろうか。
やはり、4万というのは、置いといて、巷に、残っている諺というのは、より人生の中で、頻度多く思うものなのかもしれない。
また、例えば、「動くと良い」と「話すと良い」「聞くと良い」というのも、どれが上位の悟りなのか。
「動くと良い」「話すといい」「聞くと良い」の、「動いて、話して、聞くと良い」のような何か複合的なインスピレーションのような気がする。
悟りの境地というのが、大切なのかもしれない。

仏教でいう究極の悟りとは? / Q&Aダルマの教え、説法内容について / QA // 上祐史浩オフィシャルサイト

http://www.joyu.jp/faq/cat207/0060.html

仏教でいう究極の悟りとは? / Q&Aダルマの教え、説法内容について / QA // 上祐史浩オフィシャルサイト

人生に意味は無かった。この世は幻であるという考えのまとめ。仏教の悟りの世界へようこそ。 - NAVER まとめ

人生に意味は無かった。この世は幻であるという考えのまとめ。仏教の悟りの世界へようこそ。 - NAVER まとめ

無常の仏教的な意味合いは、体験と研究で、しっかりと、イメージしないと、誤解されるなのではないかと思った。
知識として持っている気付きと、体験としての気付きが合わさって、ある悟りになる。どちらか片方でも、足りないのだ。足りないと、誤解するのだ。
10代の子が、「この世は、無常だから」といって、どれだけ説得力があるだろうか。それは、体験が足りないので、パワーが発動しないのだ。私は、よく上っ面で頭でっかちだったので、よくわかる。また、生徒でも、そういう子は、いる。たまに、大人でも、ドキッとするハイブリッドな意見を言う子がいる。その子は、苦労してるのだ。
周りが納得してないということは、悟ってないのだ。相手が納得していないというのは、膨大な無意識と極小の意識で、無意識領域からの働きかけがあるので、そのような事態になるのだ。簡単に言えば、準備とパワーとタイミングが足りないのだ。
悟りは、周囲の人も頷かなければ、頭でっかちなのだ。私は、より体験と研究を続けたい。