リアクション 薄い

些細な動作も、実は成功の秘訣なのだ。
例えば、食事。
「いただきます」を唱えるか念じるかは、とても重要なのだ。
作ってくれた人の、気を使った箇所に気付くことだ。食卓に、ブロッコリーが置いてあるなら、「家族が栄養取れるように」と買い物した人が思ったという事を感謝することだ。必ず、どんな人も、やることがないというのはないのである。寡黙な人であろうが。些細な気配りは、必ず相手に届いているのだ。なかなか、気付かれないこともあるかもしれないが、気付いてあげることが、大切なのだ。
だからこそ、ごめんなさい。気付かなくて。ありがとう。なのである。
作ってもらった代わりに、①代わりに作ったあげる②下げ膳をする③感謝を述べる④代わりに、掃除をする⑤感謝を唱える⑥誰かに伝える⑦
、、、、となる。
私は色々な項目や可能性を考えるのが好きなのだ。やる行為は、そのうちのどれかでもいい。
そして、感謝するときは、できるだけ今までしてくれた全ての気遣いを、頭に浮かべて、ごめんなさいと思うことである。そうすると、相手に対する文句というものは、なくなるのだ。その感謝体質をどれだけ、キープして、死というゴールまでいけるかどうかである。だいたい、人が気遣ってくれた事に関して、自分が気付いてない方が、圧倒的に多いのだ。感謝体質になると、そこら中に、自分に元気を与えてくれるきっかけをくれるモノに気付くだろう。不器用なりでも、気を使ってくれたことに、不器用なりに、気を使ったことに、感謝することである。だから、実践という事に拘りすぎなくてもいいのである。しっかりと過不足なく感謝することなのだ。感謝すれば、実践に自然と移している。どの家庭も、家でも、感謝し合えば、スムーズに行くようになっている。
だからこそ、私は、ごめんなさいと伝えたい。

リアクションの重要性ほんとにわかってますか?|笑いのコミュニケーション講座
http://kaiwa.teiceman.com/category1/entry24.html

リアクションの重要性ほんとにわかってますか?|笑いのコミュニケーション講座