読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出生を恨む心

出生を恨む心は、誰でも少しは、あるのではないだろうか。
だんだんと大人になると、そのような事を思っても意味がないと気付く。
が、もし油田王だったら、とかの妄想に駆られることもあるかもしれない。
が、やはりそれは意味がない。
魂が約束して、この出生にしたのだと思われる。なので、その約束があるのだ。
私は、恨んだことは、家庭生活がどうもよろしくない時には恨んだ。そのたびに、この家で生まれたことに、嫌気が指していた。が、だんだんと、気にならなくなった。そして、感謝をしている。恵まれた環境であったと思う。ごめんなさい。ありがとう。の愛のエネルギーを送りたい。