読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神と仏 認識論

神と仏、別の存在として、脳は取ってしまう。が、これに偏ると、揉め事が増える。また、人間は、当たり前だが、全知全能ではない。これだけは言える。人間の心は、全てと繋がっているだけだ。
だから、あくまで、当たり前だが、自分が研究した分野の領域しか、悟れないのだ。当たり前だが、仏陀が、悟ったからといって、美容師のような技術を使えるかというと、、、。だからこそ、多くの人の専門分野が、交わるベンチャーなどは、質が良いものができあがるのだ。私も、多重人格を極めれば、多くの能力を使えるのかと思ったが、それにも鍛練や精度の問題が現れる。時間的に無理なのである。得意分野と不得意分野がある。
私は、直感能力が高いが、肉体の操作はあまり得意ではない。だから、そういう心霊治療のようなものは、たゆまぬフィットが必要になる。ので、私は諦めている。諦めが肝心である。今の現代で、心霊治療は、あまり必要でない。現代医療で、ほとんど十分なのだ。予言能力というのも、確かにわかりやすい。ただ、エゴが増す可能性が高い。また、普通に論理的に道筋を照らせば、だいたいなんとなくは、わかるのである。ほとんどの人は、地震がいつなんどき起こるのか、わかったほうが嬉しいし、そのような人は、重宝される。が、それも場合に寄りけりである。わからないからこそ、良いとも言える。また、いつ来るかわかっていても、秘匿にするのも必要なことなのである。そういう能力がある人ほど、自省して、注意しているものだ。そうしないと、その能力が弱まるからだ。私も、地震について、他の人達のblogを見たが、当たっている人はいなかった記憶がある。そういうものなのである。地震は、いつでもきて良いのであると思うことだ。自然の地震は、仕方ない。ただ、人工の地震があるとすれば、それは止めるに値すると、考えている。東京は、狙われる可能性が高いかもしれない。繰り返すが、東京は、狙われている。テロも危ない。なんとも曖昧な表現だが、その方がいいだろう。