今年のオカルト予言

新春には、オカルト予言をする楽しみがある。「安倍晋三内閣総理大臣は、辞任しない。アメリカに擁護されているからだ。」「今年は、鉄道テロが起きない」「都心部の不動産価格が、下落する」「アメリカ合衆国のトランプ大統領は、辞任する」「tppは、可決しない」「米の価格は、変わらない」「VRが、より売れる」「Facebookに新機能がつくが、嫌がられて、甘さを指摘される」「長寿番組が、続々と終わる。」「地方で、最年少議員が誕生する」「大規模な道路工事が行われる」「沖縄の米軍基地は、移転されない」「九州地方の地盤沈下が露呈される」「中国の躍進に陰りが見える」「アメリカの覇権が終わる」「ISのトップが暗殺される」「ヨーロッパで、テロが起きる」「
ゲノム解析が、完了する」「世界の活火山が、たまらず、息を吐く」「ネアンデルタール人の化石が発掘される」「国宝の歴史的な財宝は盗まれない」「ヤンバルクイナが、死滅する」「TOYOTAが躍進する」「自衛隊が、海外に派遣される」「稲田防衛大臣は、辞任しない」「内閣の大臣の四人が、失態で、辞任する。」「最高裁判所長官が、続投する」「財務省事務次官は、変わらない」「政治と金で、追究される議員が増える」「イギリスのユーロ離脱が波紋を広げ、国内で回帰の声が上がり、支持率が下がる。」「天皇皇室典範改正が決まる」「北朝鮮が、ミサイルを発射する。金正恩体制は変わらない」「靖国参拝が、再度波紋を呼ぶ」「低価格の人型ロボットが発売される」「ハッカーの横行」「神保町で、たまたまイラン人の犯行で、ニュースに上がる」「国家は、破綻しない」「新車は、国内では売れない」「株は、ライブドアショック以上に、超変動する。」「格差の是正が、叫ばれる」「富士山は、噴火しない。日本で噴火する火山はない」「サンマの漁獲量が、減る」「キャベツの価格が上がる」「イナゴの異常発生が起こる」「映画界に、激震が走る」「芸能界で、相次ぐ覚醒剤使用が発覚する。ついに、ジャニーズから、逮捕者が出る」「空気税が検討されるが、時期尚早で却下される」「民新党は、躍進しない」「小泉進次郎さんに、ぶら下がると運気が上がる」「大企業の役員が、暗殺される」「アタック25の司会は、変わらない」「家電の売り上げは、下がる」「町の金物屋は、変わらず苦しい状態が続く」「ドンキホーテは、たさがわら店を出店する」「魂の存在に気付く人が増える」「田崎という作家の本が売れる」「市町村の統廃合が叫ばれる。が、実現しない」「ある大物俳優が、死んで、告別式で追悼される」「個人情報の流出事件が、沢山出てくる」「学校の価値が見直される」「東京五輪は、パニックになる」「ある予備校講師が、死ぬ」「日テレが、不振に陥る」「ある画家の絵が、オークションで、超高額で落札される」「睡眠薬自殺が減る」「国家の社会福祉費が、更に急激に嵩張る」「イベント会社の、相次ぐ倒産が起きる」「日本のnpoは、ごく一部を除いて、発展しない」「学習塾業界は、新しい取り組みを始める」「セメント業界の売れ行きが、良くなる」「日本の技術が、海外に流出する」「ノーベル化学賞に、日本人は出ない。ノーベル文学賞に、日本人が、選ばれる」「芥川賞に、長年の功労者が選ばれる」「神田SAYAKAさんが、売れる」「スポーツ業界の相次ぐ不祥事が出回る」「国家の改革は、進まない」「日本人の人質事件起きない」「警察官や教師の不祥事が露呈される」「日銀の総裁は、変わらない。デフレ脱却を目指す処理を繰り返すが、効果はない」「大手銀行は、潰れない」「グローバル大企業が、更に飛躍を遂げる」「非正規雇用が更に増える」「ホームレスの数は、横ばい」「猿の惑星より、ヒットする似たコンセプトの映画製作が発表される」「企業の不良債権の処理が増える」「国の借金に比例して、一人辺りのカードローン額の個人支出が増える」「大手予備校が統廃合する。スクールieが、廃れる」「ネットメディアは、思ったほど進まない」「うつ病が増える」「ある難病の解明が、躍進を遂げる」「ある植物エキス入りの商品が、メガヒットする」「ネットワークビジネスは、横ばい」「神社本庁は、変わらない」「ある宗教団体の構成員が、世の中を震撼させる事件を起こす。」「漫画の、売り上げが下がる。ネットに流出は、歯止めがかからない」「プライベートと仕事の境界線が、消えていく傾向になる」「新聞社は、相変わらず、訪問営業を続ける」「シュウキンペイは、変わらない」「ウランの価値も変わらない」「密輸が、横行する」「インド洋で、ある難破船が見つかる」「アニメ業界のマルチメディア化は、更に進む」「介護業界の体制が、変わっていく」「相変わらず、医療業界の癒着に、メスは入らない」「社民党は、存在意義を失う傾向は、変わらない」「ウィキリークスの暴露で、より深刻な状況が露呈される」「U.F.Oの目撃情報が、南米で増加される」「YouTubeの仕組みが変わる」「無料ソースが、大幅に増える」「マーケティング理論は、進化を遂げない」「AKB48のメンバーが、相次いで卒業する」「弁護士になる人が増加する」「より、宗教がはばを効かせる」「掃除機に革命的な商品が発売される」「日本への観光客は、すこしだけ上がる」「行政組織の簡略化が進む」「天下りがニュースになる」「リアルな友達関係が希薄化する」「どの人も、自分が本当は何をしたいかに悩む」「失業率は、横ばい」「日本の関税が、高くなる」「大幅な規制緩和が、ある業界で進む法案が可決される」「竹島の、問題が再浮上する」「北方領土は、そのまま変わらない」「国会の運営方法も変わらない」「強行採決と呼ばれる法案が増える」「野党は、躍進しない」「蓮舫さんは、総理大臣に鳴らない」「小池百合子さんは、辞任に追い込まれない。あるキーマンのお陰である。少しだけそのキーマンの情報が世に出る」「ある特許が、問題になる」「相変わらず、起業は増えない。むしろ減る」「アパレル業界は、再編を余儀なくされる」「原子力事故は、再び起きる」「SECOMや警備業界は、更に売り上げを伸ばす。」「etc政策は、進まないというより、変わらない」「ガソリンの値段は、横ばい」「人々の損得勘定が、更に強まる。が、一部の人が、打算抜きな生活に目覚める」「大学院への進学率は減る傾向になる」「暴力団組織は、壊滅的な状況になる」「ある警察官僚の息子が逮捕される」「芸大への進学率は、横ばい」「24時間テレビは、不調に終わる」「吉本興業のある人気若手芸人が、同じ吉本興業の人と結婚する」「ネットラーニングは、進む。が、そこまでではない。」「鉄道の値段は、変わらない。」「東急沿線の値上げが進む」「ある海域で、謎の生物が発見される」「海上保安庁の衝突事故は、今年はない。」「警察のパトロール体制は変わらない。同じところを同じようにパトロールし続けるということ」「生活保護の不正受給がより問題視される」「公務員の給料が、すこし下がる」「大阪都構想は、実現しない」「東京の一極集中化に陰りが見え始める」「飲食業界の食中毒事件が、再びニュースになる」「せどり業界は繁栄しない」「クイズ番組が減る」「NHKの受信料問題が再び物議を醸す」「築地の移転騒動に決着がつく」「企業の本社を移転する動きが加速する」「投資詐欺が横行する。おれおれ詐欺の件数自体が減る」「同じ事の繰り返しに飽き飽きする人が増える」「ビンラディン氏の遺体が、丁寧に処理された事が発覚する」「芸術の都パリで、またテロが起こる。」「保険業界が、新たな仕組みを発表する。共同負担である」「イランで、難民が増える」「国際テロ組織アルカイーダの内部情報が暴露される」「タックスヘブンは、より進む」「自民党は、政権を保持し続ける」「歴代の総理大臣を纏めた本が、売れる」「日本のgdpが、下がる」「優秀な県知事が誕生する」「ロスチャイルドの噂が増える」「待機児童の問題が、更に露呈する」「ある中堅英会話学校が、潰れる」「旅行業界の規制緩和が進む」「アーチェリー等のマイナー競技人口は増えない。むしろ、減る」「仕事の時間が増える人が増える」「給与の未払いが横行する」「企業の海外進出が進む。国内の空洞化が更に進む」「対米外交は、変わらない。むしろ悪化する。より日本からお金が流出する」「日本人の賃金は、減るが、途上国の賃金は増える。が、微々たる変化だ」「中国の商習慣が、変わらない。パクリ問題は、増え続ける」「カジノ法案は、否決される」「司法改革が更に叫ばれる。裁判員制度に、進展が見られる」「ソ連時代の暗躍の情報が流出する」「プーチンは、変わらない」「主夫というのは、妄想だと、気付く人が増える」「副業が増える。が、成功する人は減る」「徴兵制が検討されるが、却下される」「中国の人口は、増え続ける」「拝金主義が増える。が、一部の人は脱拝金主義に傾く」「雪国で、記録的大雪に見舞われる」「宇宙旅行は、変わらない。宇宙関連ビジネスは、儲かる傾向も変わらない」「軍事産業は、更に増える」「勝ち馬に乗りたがる心理も変わらない。大手にいきたがる就職活動も変わらない」「地頭という概念が見直される」「偏向報道は変わらない」「メーカーは、更に沢山の家電を出す。が、あまり売れない」「中小のメディア各社は、ネットメディアに活路を見いだすが、売れない」「多言語化が進む」「マイケル・ジャクソンさんの、価値が見直される。相対的に、死んだ人の価値が見直される」「道路族は、相変わらず同じ主張を繰り返す。公共事業こそ、発展に繋がると」「建物の腐敗が露呈される。移転計画が増える」「ディズニーランドは、好調を維持する。USJも好調。富士急ハイランドは、すこし落ちぶれる。」「世界遺産の登録運動が、加速する」「地方の衰退が更に進む」「晩婚化も更に進む」「出生率も下がる」「移民政策は、進まない」「税金が上がる。減税にはならない」「高齢者の生産活動が見直されるが、目に見える成果にはならない。」「高額な延命治療が、見直される。が、医療業界の猛反発は変わらない。未病の推進運動が進む。ジェネリックも、更に進む。国民医療保険点数制度が変わらず審議されるが、遅々として進まない」「福島の放射能汚染の深刻さが、少し露呈される」「リストラが増える」「会社法は、変わらない」「アップルの時価総額が、急激に下がる」「製鉄業界は、横ばい」「監視社会が、更に進む」「エコノミストの予想が、ほぼ外れている事が露呈される」「AEDの業績は、変わらない」「生物兵器が、大幅な脅威をもたらす」「相対的に、文化活動が、更に減る。」「コスプレ業界は、更に進化を遂げる」「二世議員は、変わらない」「オリンピック選手の不祥事と、美談が増える。」「ネット弱者が、更に食えない時代になる。専門的技術を持たない人の相対的賃金が減る」「不動産バブルには、ならない」「宅建の資格難易度が上がる。資格予備校の勝ち組と負け組の二極化が進む。」「中小企業の活路が、高度化する」「不採算事業が、更に深刻化する」「スキルを意識し続けた人と、そうでない人の賃金格差が大幅に広がる」「倫理観の再考。だが、二極化する」「密告が増える」「sns疲れが、深刻化する」「断捨離が進む」「ダブルバインドが加速する」「捕鯨団体の圧力が増す」「食の安全が問われる」「習い事教室は、横ばい。ピアノ教室やギター教室は落ちぶれる傾向は変わらない。」「リサイクル業界は、攻勢を見せる。が、売り上げは下がる」「lccが加速する」「ストライキは減る」「高速料金は横ばいでほぼ変わらない」「不採算路線の切り捨てが更に進む」「ごく一部の成功例が持て囃されるが、全体の地盤沈下は更に進む」「道の駅が、更に洗練され、外国人観光客が増える」「ハコモノが、増える」「地方分権が叫ばれるが、進まない」「商店街のシャッター化が更に進む」「人口減少が深刻化する」「教育格差も更に深刻化する」「プログラミング塾が増えるが、そこまでお客は増えない」「参拝活動が増える」「

とかである。
未来はわかっちゃうと、辛い。
だから、きっぱりした予言はしない人が多いのだろう。
人は、無理難題が待っているなら、避けようとする。私だって、辛い出来事が待っているなら、初めから取り組まない、いや途中で、方向転換したい。
だけど、そうすると、必要な悟りが来ない。それは、その人のために、ならない。
未来は、既に決まっている。どこまで感知できるかどうかだ。感知できたところで、未来は変わらない。どの意識層からのアプローチかに因るのだ。ドラえもん時空警察だ。未来の真実を教えていいものと悪いものがあるのだ。教えていけないものを教えると、自分達を傷付けてしまうのだ。 だから、敢えて真実から、ズレた予言にするのだ。そうすれば、人々の悟りに繋がるからだ。どれぐらいズレるかは、ズラすかは、その人の力量による。百パーセント的中させて、信者的にしたくないのだ。信者的になると、悟りが進まないからだ。

話は変わって、自分さえ良ければ良い。という人は、会話に必ず現れる。私は、それを見抜くプロだ。だから、人と会話したくない、相手の心の状態がわかるからだ。そうすると、こちらとしても指摘したくなる義務が発生する。ただ、したくないのである。だから、うんざりするのである。

オカルト予言は、してるほうは楽しい。
あれこれ、普段使わない脳を使うからだ。
が、見てる人からすると、大きなお世話である。大規模な予言は、あたらない。人間には、秘匿にされている。競馬予想みたいなものが、少し神秘的や頭脳的に、なっているだけだ。
地震の予言をしている人は、どんな目的でしているのだろうか。備えあれば、憂いなしを伝えるためか、自分が特別な人間だと思ってほしいためか。
私には、後者のように見える。
例えば、「2017年は、こうなる」というテレビ番組がある。
鹿島アントラーズが、優勝する。彼らは、いつでもその準備をしているからだ。チーム力が格段に上がった、監督も良い」とか、何かしら理由をつければ良い。

例えば、このようなオカルト予言だ。
2017年3月18日4時46分、東京で巨大地震発生 マグニチュード8.9 死傷者多数
2017年9月16日 東京湾で、UFOが見つかる。政府は、隠蔽工作を図る。が、あまりに大きなUFOなので、隠しきれない。
2025年 北朝鮮が核ミサイルを発射。第三次世界対戦勃発 アメリカと中国の覇権争い アメリカの勝利かと思われたが、互いに一歩も譲らず、なかなか勝負がつかない。


予言2017まとめは日本の地震や世界の衝撃など18選! | 世界の終わり

予言2017まとめは日本の地震や世界の衝撃など18選! | 世界の終わり

終末予言は、よく見たけど、結局来ないのだ。
だいぶ調べたが、ちょっとしたお遊びだと断定した。

話は変わって、霊的な引き上げがなされているのは、間違いないようだ。もともと計画されていたものが、実行されている。
よく、予言は、「起きるものではなく、起こすもの」という名言がある。
犯行声明を予言と呼んで良いのだろうか。私には、わからない。巨大地震を起こそうと思えば、起こせるのである。そういう時代だ。
今の時代に、預言者というものは、必要ないというか、多くの人の心を動かせるものではないとも言える。
昔は、一定数そういう役目の人の効果があった。今は、このインターネットの情報で、真偽を推し量れる時代になった。広範囲の、予言には、必ず穴が出る。神も、その事をよくわかっている。だから、あまり預言者というものを、置く必要がないのだと思われる。
教えていい事と悪いことが、明確なルールがあるようなのだ。これを、犯してはならない。