読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自殺について この世は、ギャクばかり

自殺って、何だろう。
ずっと10年ぐらい、考えてきた。
自殺は、殺人と同じくらい、自分を痛めるものだ。ただ、そこまで自分を痛め付けるのには、理由がある。頭と心にネガティブな思念が満載になる。
だが、実は、極論的言い方だと、人は死んでもいい。その恐怖の対価を払えばいい。ただ、天命が尽きるまで、人は死なないようになっている。死のうとしても、死にきれない。
寿命は、当の本人にはわからないようになっている。ほんのわずかな人は、知っているようだが、未確認である。
私は、死ねない。死ねば良いと思ってたけど、そうもいかない。死に行く人に愛のエネルギーを。臆病者に、愛のエネルギーを送る。余命○○で、死ぬ前提で生きていた。生き延びると、困った。次どうしようとなる。いつでも死ねる権利は、人間にはないと気づいた。生き続けるという前提で、物事に取り組むしかない。自殺する人はする、しない人はしない。引き返した人も、その悪い考えの後遺症を何とか解消する必要がある。自殺未遂でも、何かしら得るものはある。
引き返すか、そのまま突っ切るかは、本人次第である。私は引き返した。私は、臆病者だったが、勇者だった。確かに、もっと臆病者なら、精神病にならないように、注意して、生きるだろう。ならないように注意していれば、ならない可能性は、非常に高い。というより、ならない人はならない。精神病になるのも、また哀愁漂う人生である。
いつ死んでも良いから、繋がりを消す努力もあれば、繋がりを作る努力もある。ただ、自分の中の想念帯が、若干プラスになれば、生きたいと思う。私は、明日死んでも良いが、来年でも、50年後でも良い。これが、無の境地なのかもしれない。
50年後だと、少し嫌な気持ちになるなら、少し未来への意識を増やしてみよう。楽しくなると、生きたくなる。辛くなると、死にたくなる。これを調整して、間にいつづけようと決意した。
いつ死んでも良いを笑顔で本気で言えるようになろう。