前提条件

人は、食うために働いている。
食わないと、生きていけない。
ただ、食えないというのは、思い込みかもしれない。命を維持するのは、とても繊細であるが、何とか思ったより、いけるものである。この飽食の日本では、残飯を漁れば、どうとでもなる。
しかし、食うだけのために、生きているのはムナしい。心が疲弊すると、鬱になる。
食うだけのために、働くのは、心が寂しくなる。 最低限の衣食住というのは、案外いけなくはない。
10万あれば、生活していける。