赤本 受験神話

赤本に書かれている答えは、絶対だと思う人がいる。

10代で、情報が少ないのは仕方ない。

先生側も敢えて言わない場合がある。
赤本に間違いも多い。
直感的にわかる場合と、ある程度そのレベルの思考理解を超えると、わかる。

人が作るもの、間違いはある。
この教訓は、とてつもない。

ペーパーテスト、100%という完璧がないということだ。
生徒側も間違いだと思ったら、とにかく色んな人に聞いてみると、わかる。「そこまでしなくていいけど」



赤本の季節:無名講師日記
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/185154/162981/14323702

赤本の季節: 無名講師日記


グクルと、こういうのが出る時代になった。つまり、周囲に自分のその疑問に答える人がいなくても、どこかにはある。ネット上にないものも多い。