塾の退塾者 組織の退会

塾に関しては、退塾者は基本出さないようにする。
退塾率は、その塾を表す。退塾率には、神経を注ぐ必要がある。退塾率の減らし方のメソッドはある。
しかし、人は、適した場所が変わる。だから、どんなに塾側がやったとしても、退塾は出るケースがある。反省し、次に活かし、仕方ないとする。
組織は、変わるものである。
退会は、ある意味門出である。

とはいっても、私は、自分がある組織にいて、誰か退会者がでると寂しくなる。
組織で退会がでると自分の責任だと、思う癖がある。
そういう人は、全く影響が与えられないということも、頭に入れること。
門出・退会を悪く取りすぎてはいけない。



知らなければ損する、学習塾営業: 広告宣伝

知らなければ損する、学習塾営業