登校拒否 受験拒否

中高一貫校で、学生時代、登校拒否がちだった。
半端なく鬱憤がたまっていた。
なんであんなにたまっていたのだろうか。今ではわからない部分もあるが、何となくわかる。使命発揮しづらい環境や自分だったのだろう。
小学校では発揮できていた。中学校からあまり発揮できなくなっていった。公立中と私立中に行った中で、やはり公立中の人の方が活気があった。

最低限、親に感謝というか、卒業はしようとした。中退しようと思った時期もあったし、高校変えたかった。少人数だが、高校変えるという人もいた、少し羨ましかった気もする。
親は、高校だけは変えないでと言っていた。
中退でもよかったし、とてつもなくグレれば良かったと思う時期もあった。
グレ仲間がいるから、安心できるしと。
グレている人って、見た目は派手だけど、精神性というか、虚勢というか、群れてるのは、本当は弱いんだなと感じていた。グレるのって、人に迷惑かけるし、純粋さが失われる気がした。
グレてたら、人付き合いも変わって、今みたいな穏やかそうな気性ではなかったと思う。 上に立ちたがるタイプになっていたかもしれない。
熱中できる部活の役割でもあれば、新たなカーストもできる。
グレ方で、周囲へ恐怖をもたらして、カースト性を上げ、家族や友達への怒り表現で、自尊心や見られ方を変えるという手もある。
グレたら、は「たられば」である。グレても、戻ったかもしれないし、何があるかはわからない。

現役生の時、受験拒否騒動をした。
進学校の受験生で、受験拒否したのは俺だけかもしれない。
親が先生に泣きついたので、渋々受けることにした。「金払ったのに」と思っていたのだろう。
結果は言わずもがな落ちた。働いてる友達もいなかったし、働くということがわからなかった。高卒で働くという価値観がわからなかった。今考えると、別に高卒でも良いし、中卒でもいい。もちろん高校初任給や大学初任給の違いはある。中卒だと、正直ヤンキー臭さや言葉遣いが悪いが、仕事で立派な人もいる。その分、社会人歴が長いわけだ。
「レールって何だろうな」とよく思っていた。進学校の先生は、さも当然のような顔で、生徒を進学へ煽っていた。そういう役割なんだろう。
レール外を走る人が身近にいなかった。