読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大入試、東大の欠点、学歴社会の欠点

茂木健一郎さん、自分とかなり感覚が近い。東大卒で、そこまで言う人は、少ない。
普通の偏差値教育は、個性を潰す教育である。
そろそろ、既存学習分野と日常生活と一つの宇宙原理と、科学・非科学現象を、くっつけた悟りの融合問題を作成すればよいのである。学習したある悟りがないと、解けない問題なのだ。

なぜこぞって、日本社会でそのような教育を組織ぐるみで、邁進しているのだろうか。「代案を出せ」というので、下の方にも、出しとこうと思う。

脳科学者・茂木健一郎「東大入試のような偏差値教育が日本をダメにする」
http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-2821.html




もし私たちが、入試を創るなら、形は完璧ではないが、このようなアイディアの入試を創る。
問題77
共産主義と資本主義を、質量保存の法則と熱力学を用いて、両方の主義を融合させ、現代社会の触媒として機能させられるものを関数として示し、新しい主義を提案せよ。

社会・理科・数学・国語・芸術融合問題である。

正解がない時代と言われている。よくわからないものに、自分なりに表現していくのが大切なのではないか。

命題1
神秘主義と唯物主義を融合した新たな主義を提案せよ。

命題2

大化の改新フランス革命明治維新の共通点と相違点について、それぞれの主要な人物の思想背景についてを、理科の法則を使って、図にせよ。更に、主要な地名を、手書きの地図を描きなさい。

歴史、社会、理科、地理

命題3 応仁の乱において、どちら側について、どのように戦っていくか、自分なりに表現しなさい。

命題4 「圧縮、爆発、膨張」のメカニズムと、人間の生老病死の関係性を説明しなさい。
命題5 「圧縮、爆発、膨張」のメカニズムと、車の曇りの現象の関係性を説明しなさい。
太郎くんと花子さんは、一緒にお父さんと、ドライブに行きました。ふと、車内の窓が、急に曇り、「なぜ曇るのだろう」と疑問に思いました。
花子さんは、お父さんに、なぜ曇るのか聞きました。
お父さんは、「圧縮、爆発、膨張してるからだよ」と答えました。
花子さんは、まるっきり意味がわかりませんでした。
太郎くんは、「内気温と外気温の差だよ」と答えました。
花子さんは、どちらが正しいかわけがわかりませんでした。お父さんは、ヒントを出しました。お父さんは、どのようなヒントを出したでしょうか。このような理科の実験があります、、、。車の外気温と内気温の差を埋めるテストを、日産は、行っています、、、。

命題6 「圧縮、爆発、膨張」のメカニズムと、リンカーン大統領が暗殺された事件との関係性を、カルマの法則を用いて、説明しなさい。

私達は、東大入試を作りたいのだ。あらゆる学問を統合した、一つの宇宙原理と、科学と非科学緒現象を、繋げる融合問題を、くっきり愛で提供したい。

東大入試が変われば、教育が変わると勝手に思っているからだ。それには、沢山の愛がもっと必要だ。

東大入試文Ⅲ後期試験2001年には、
三つの写真を見て、それらに共通する主題を任意で設定し、あなたの考えるところを2400字以内で論じなさい。とある。
これは、とても良い問題だ。
だが、敢えて、このスタイルの弱点としては、この「共通する主題」というのは、答えがあるのだ。
一見、答えがないような設問形式だが、答えがあるのだ。答えがない時代に、いかに提案・実現する所まで持っていけるかどうかなのだ。



下記は、昔に正直に書いた記事なので、読まなくて良いものだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
敢えて今日は、東大を批判してみよう。「負け惜しみ」で言ってみよう。
東大入試が滑稽である、と言いきれる人は少ない。なぜ言えないか、その分野を勉強してないから、理解が出来ないから。
ダンスの天才に、東大入試力は必要か。
ダンスの天才は、「なんや、小難しいな。俺には必要ない」と感じる。
なぜ滑稽か? 東大教授の論文という土俵で、戦わないといけないのだろうか。

学識と人生の深みは一致するのだろうか?
仮の設定として、仏陀とキリストは、東大入試を解く必要があるのか。

超絶ダンスと東大入試?どちらが、人が感動するか?
東大教授が作っているから正しいのか。
昔からの踏襲が入試になる。徐々に変更する。教授会のパラダイムだ。
大幅に変えると、学年的に混乱を与えるからと説明する。そもそも、どのような混乱にも立ち向かえるようにするのが、勉強ではないだろうか。
くれぐれも東大教授が、悪の権化のような書き方だが、そんなことはない。
東大教授は、ヒエラルキーのトップなのだろうか。
国立大学・私立大学は、税金を使ってる。血税を貰っている公務員である。
ならば、一般市民が意見をしていいのではないだろうか。なぜ一般市民の声は、黙殺されなければならないのだろうか。
自分が、勉強しなかった分野の延線上の人だからだろうか。この発想自体が、偏差値パラダイムに囚われている。

インプット型大学受験で、学んだ知識は、大学生になると、ほとんど忘れてしまう人が多い。
私もその一人である。というか、ほとんどの人に、受験で習ったことを聞くと忘れている笑
たまに先生や親で、「世界史で習った長い名前は、大人になったら使うかもしれない」と悪意なく騙している人がいる。 いや、ほとんどの人は、あまり使わないだろう。
受験勉強では、世界史用語集を丸暗記させられる。
そのうちの、どれくらいの用語を人生で使うのだろうか。5000語のうち、幾つ使いましたか?と。どれくらい意味がありましたか。
旅先や話の会話で出た言葉を、聞くもしくは、ググれば、すぐにわかる、おしまいである。
騙している人は騙されてるのである。
それらの知識は、本当に必要なのだろうか?
よく調べてないが、東大入試に、なぜ芸術項目がないのでであろうか。


東大は、元々官僚養成校として、生まれたものである。今もなお、続々と合格者を出し、官僚養成校として役割を有している。
学校の特色を出すには、東京大学官僚養成校に名前を変えればいいのではないか。これは冗談だ。
東大から、漁師になると、変人バカ扱いされる。その人は、自分の明確な目標が見つかったので、憲法職業選択の自由を行使しただけである。それなのに、「(東大)大学出たのに?」と言われる。「個性的な道を行くと、自分が努力した事が、水の泡になる気がして、多勢に行く」

重箱の隅を叩き合うのが、社会や学会なような気がする。それを、ブラッシュアップと言う。
誰だって本来は、批判されなければ、表立って批判したいものであると思う。
企業の採用担当者は、「東大生でも使えない奴は使えない」と言う。それに対して、「負け惜しみ」という人がいる。その企業の担当者は、利己主義ももっているので、議論してる時間がもったいない。「いや、東大の事務処理能力?普通に使えないんだ」と、内心思っていても。
陰でコソコソ言うと、「負け惜しみ」でしょうという言葉が出る。表立って、言える人は、東大卒か学者か有名人のみであるかのようだ。
早大卒のコメンテーターだと、
あざ笑う人がいる。

東大生・東大卒でも、教授のヒエラルキーがあるから、声を大にしては言わない。わかっている東大卒社会人も、忙しいから。

反論としては、
「論文という形じゃない」「もっと調べてから言え」「よくわかってないだけだろ」と。
東大教授の権威と、素人という庶民の集合意見どちらをとるか? 感性に従って、意見しただけである。
その受験・仕事レールに乗っかってる人は、その自分が乗っているレールを批判をすると、やる気が出なくなる。これは、人間の習性である。
「そんな時間ないし、論文形式なんかしたくない」至極全うである。
表現の自由で発言してるだけである。
「東大入ってから言え」というすり替えを言う人がいる。「なんで私は、好きでダンスの専門学校行ったのに」と思う。
あれダンスが上手なのと、微分積分、お笑いどれが頭が良いのか?いや、頭の良さではなく、どれがその人にとって、楽しいのか。
しかし、はっきりいって、上か下かの偏差値パラダイムに囚われているだけであろう。
囚われているということは、煩悩で言えば、執着で、負けにあたる。
表現の自由がある。
ちなみに、東大受験生、東大生が悪いわけではない。
仕組みがズレているのである。
親や先生や知人は、「とりあえず明確な目標ないなら、偏差値が高い大学行っとけ。そこで何か出会うから」
大学生、「入ってみたは良いが。いや、何かが違う。あれ?出合わない。まあいっか。バイトいこう。」
東大合格しても、夢を描けない人が多い。いや、ほとんどの大学生がそうだ。サークルやアルバイトや資格勉強や、恋愛や、学問やらをする。
そうこうしているうちに、就職に備えようとする。勝ち組や負け組となる。
そもそも、夢や目標が描けない教育なのではないのだろうか?
明確な目標を見つけるメカニズムを知らずして、発言しているからだろう。
東大出身や官僚になった人は、自分がした受験勉強に対して、「この勉強がおかしかった?」と思っても、自己矛盾になる。人間の習性で、労力や時間を費やした事で、自己矛盾はいやだ。
レールからそれるとバカ扱いされる。
レールに乗っかってる方が、あまり考えずにすむ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー