社会の閉塞感の正体とは何だろう? まやかし

日本社会の閉塞感の正体とは何だろう?と考えたことはないだろうか。
そういうものがあれば、変革したいなと短絡的に思う。
少しずつ何かが見えてきた感じがする。
ただ、正直まだよくわからない。
仮説候補として、
①お金(経済)に社会が支配されている。簒奪社会。
②真理から遠いまやかしが拡散されている。
③その人自身が力を発揮するのを、羽交い締めする社会がある。悪循環スパイラル社会。戦争に向かう方向性。
④人々の怠けが強い。
⑤真相は、よくわからないから。そんな調べる時間がないから。

まだまだ考えられそうだ。

「閉塞感なんて、よくわかんないけどさ、仕事は忙しい。時間ない。そんなの考えるより、自分の事で精一杯だよ。誰かやってくれないかなー」
そんな声もある。自分もよく思っていた。
資本主義の弊害か? 成功法則で言っていた、お金持ちが更にお金持ちになるのは、単純に資本主義と富が富を生む投資利回り制度が原因ではないだろうか。