お金がない世界とは。資本主義と社会主義の悪平等

お金がないと、何も買えない、手に入らない。これは長らく続く当たり前の風潮。買うの辞書的な意味は、欲しいものと交換するため、代金を払うこと。物々交換したら、それは手に入った事にはなる。絶対変わらない真理なのかというと、変わることがあるパラダイムである。将来変わらないかもしれないが、変わることがありえるものである。

悪平等とは、形の上は平等でも、実質は平等ではない。
資本主義では、どのような場合があるだろうか。
社会主義では、どのような場合があるだろうか。
考えてみると、新たな発見がある。