教育ミスマッチ 人材ミスマッチ

教育をする時は、必ず主観が入る。
その人のレベルの知識や価値観で教育する。
教育のミスマッチという事はある。
例えば、ある人の発達段階で、親は、子供に、「受験勉強を猛烈にしてほしい」と願っている。しかし、受験勉強よりスポーツを学ばせたほうがいい場合がある。友達とよく遊ばせたほうがいい場合もある。
自分が重視する価値観というのは、どうしても滲み出る。それで人に接するのは、人間本来の姿で、通常で悪いわけではない。
教育のミスマッチは、親が重視する価値観と、子供が本来必要とする事が違う場合である。
その場合は、早い段階で価値観をチェンジする必要がある。親が諦めるか、子供が諦めるか。医師の子供で、全然子供が医師になる気がないのに、勉強させまくろうとする親がいる。引き際を考える必要がある。どうしてもならせたいから、0歳時から、洗脳して植え付ける必要がある。そんなにうまくいかないケースも多い。職業選択の自由がある日本で、なぜ決まった職業になるのか。
親は諦めて、好きな仕事についてみなさいと言えるかどうか。
私立の医学部まで行かせれば、もちろん
ほとんどが医師になる。そこまでが勝負とする親もいる。
絶対的な真理としては、親は、子供が自立して社会に旅立たせる役目がある。それで厳しく躾をするのは適切である。
子供は、なりたい自分になるため、この人のこの価値観取り入れたいと思う。
この手の話をすると、「根拠は?ソースは?」となる人もいる。単純に知識や経験則である。納得する人は、納得するし、納得しない人は納得しない。「納得できないなら、自分で調べる努力すれば?」となる。学者は、説得する材料や根拠を提示する必要がある。




人材のミスマッチ
「人材のミスマッチ率」が世界最悪の日本 企業が大学教育を軽視し、高スキル人材を厚遇しないから? | キャリコネニュース

「人材のミスマッチ率」が世界最悪の日本 企業が大学教育を軽視し、高スキル人材を厚遇しないから? | キャリコネニュース