挑戦と惨敗

本当に挑戦すると、辛勝もあるが、惨敗することがある。
保身がある場合の挑戦は、本当の挑戦ではない。
例えば、サラリーマンしながらの資格試験。ダブルスクール
役不足ではなく、力不足でもやれるのか。
惨敗は、惨め。 誰も責任はとってくれない。無能。自己責任。「あいつは、ダメだったよ」と信用も失う。兎に角、痛い。振り出しや大分マイナスになったような感覚を受ける。
それでもなお挑戦できるか?し続けられるだろうか。
勝ち負けがある世界、未経験だろうが、挑戦して、負けてはいけない。
何事も経験、負けていい、何て思ったら、負ける。
勝つことが幸せ。勝つことに拘りたい。
成功するために、失敗をさける。失敗を早めに改善する。
めんどくさいと思うことも苦手と思うことも自分で全てやる。些細な事でも必ずやる。
やれない覚悟の人は、成功しない。もしくは、誰を使おうが、何がなんでも、形にするという覚悟。