東大受験断念

19歳、予備校の時にめちゃくちゃ東大に行こうと勉強してた。姉の自死と重なり、精神がダメになった。よく進学を断念するパターンとして、金銭的な問題で進学できないなら仕方ないというのがある。でも、それなら何とかする方法がある。それだったら諦めない。
父親の躁鬱で暴れるのは、「こんな俺勉強してるのに、くそ親父」と耐えられた。でも、姉の自死は耐えられなかった。 命は帰ってこない。
でも、負けたのは事実。回復した後に、勝負しなかったのは自分。
凄い残留思念が残った。「あー、なぜあの時、助けられなかった。あー、なぜあの時、チャレンジできなかった。二浪しても良かった、変なプライドがあった。何度でも、仮面浪人でもやればいい。」
自分の周りで、こういう人がいたら助けたい。