自死遺児 どのように乗り越えるか

19才の時の家族の失踪・自死があった。その後、死ぬほど辛かった。どうしようもなかった。 他人はどう言おうが、はっきり言って、乗り越えられるものではない。友達にも、なかなか言えなかった。
何度も何度も頭に浮かぶもの。
「時間が解決する」と一般論ではあった。そんな簡単ではなかった。もちろん、時と共に薄れる感覚はあった。でも、根っこの心が傷ついたのには、なかなか回復しない。
8年かかった。
日本から、世界から自死をなくしたい。