聖書に隠された成功法則

[http://www.amazon.co.jp/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AB%E9%9A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%88%90%E5%8A%9F%E6%B3%95%E5%89%87-%E6%9D%BE%E5%B3%B6

  • %E4%BF%AE/dp/4763130412:title]

「人生の目的は、自己実現のため」というのは、含んでいる面もあるが、本質ではない。
試しに自分よがりな自己実現を追求すると、よくわかる。私が若い頃に、そのイメージを強く持ち、やったことがあって、痛い目を見た。ただ、やってる本人は、努力してるという思いが強いので、自覚がない。確かに現実でできることは増えているのだが、真には、満たされない。
技術系だとありがち。
主に、目標と努力のみを、観点にしたもの。
また、「人生は、社会に少しでもいい自己実現」というのは、より良いが、それだと社会貢献性が高い仕事だけしていればオッケーということになる。
したがって、より本質的なものがある。