読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔の詳細 純粋な人がまたまた諦めやすい魔

性欲の完全克服方法

長年の人間を悩ませた。私も悩んだ。彼も悩んだ問題だ。 性欲の完全克服法である。巷には、ヨガの運動。激しいスポーツ。とにかく忙しくする。とにかく我慢する。 または、向き合うのをやめて、もう開き直る。等々がある。 が、やっとこの問題に終止符が打て…

力と生意気 純粋フラットの名前の意味

力で、押さえ付けるのだ。 生意気な人に対しては、それしかないのだ。私は、力で押さえ付けられた。生意気だったからだ。公安学をしっかり勉強した人は、力で押さえ付ける意味を理解している。法律を犯した子供は、少年院に行けば良いのだ。そこで、更正する…

究極の実在と神と悪魔 検証の余地

究極の実在は、善悪を超越している。 ただ、これはまだ完全には、俺は悟ってないので、最終結論にはできない、無意識マップなのだ、何でもかんでも、最終結論にすると、やはり信用を失うのだ、。無意識マップを検知して、ああ、ここは進んでないというのは、…

挫折の魔 利害関係の魔

やはり、利害関係の魔がある。 純粋に相手を思うと、利害関係を超えられる。自分で、こんなにしちゃダメだろうと思ってしまいがちだ。それも魔なのだ。 利害関係モードから、純粋モードに変えていくのだ。利害関係の魔に勝てば、どの人にも、神の座で、祈る…

復讐 愛する視点 怒りを認めない魔

復讐というのを愛する視点とは、どういうものだろうか。 私は、ずっと怒りを抑えてきた。恐らくかなり溜まっていた。誰でもそうだと思う。が、愛を考えると、復讐はできないと思い込んでいる。私は、嫌いなひとがなくなればいいと思っている。怒っている自分…

話しづらい事を話したくない魔

話しづらいという魔に負けていないだろうか。 私は、よく負けた。が、たいていは、考えすぎなのだ。勝つと、必ず勝った分だけ、嬉しいのだ。私は、こんな事言っていいのだろうかという羞恥心が子供の頃から物凄く強かった。 なぜ、周りの人は、ここまであっ…

属性の魔 プライドを維持したい魔 二度寝という魔

自分が意味がないことをしているかもしれないという魔、これは、時に猛烈に襲ってくる。虚無感なのか何なのか適切な言葉が思い当たらない。その場合、ごめんなさいと思い、自省し、次に奨めるのだ。私は、人に「貴方のお陰」と言った時に、複数のイメージを…

友達を紹介する魔

友達を紹介する魔がある。 これに負けている人は多い。 私の母は、友達を紹介してくれない。頭に浮かんでも、しないのだ。 これは、思い込みなのだ。 まずは、自分が友達を紹介することだ。それを行ってから、自分を紹介してもらうのだ。お礼が大切なのだ。

目標設定の魔

何か一つの事を、できると、つい欲張ってしまう魔があるのだ。 私は、15分ずつ、早く起きるようにしている。 が、成功し続けると、つい、30分1時間早く起きようと、欲張った目標設定をしてしまう。 これは、欲張った目標設定の魔に、負けているのだ。人生は…

良いこと 後悔する癖

良いことをしてる自分、悪いことをしてる自分。 どちらも、存在する。 存在しないとも言える。 私は、良いことをしてる自分を懲らしめる魔に負けることが多い。折角、良いことをしているのに、それさえも、否定しようとする。そうすると、やる気がなくなる。…