2017-02-01から1日間の記事一覧

親を懲らしめる役 内外反転

ワタシは、親を懲らしめる役目がある。これは、私を懲らしめることでもあるのだ。ワタシは、ペンを甘えで、ゴミ箱に捨てた。が、母は、甘えで、ゴミ箱から拾った。さあどちらが正解でしょうか。数多の試練を乗り越えてきたワタシは、謝るのだった。数多の試…

科学現象 あくび 内外反転の一例

あくびの原理は、圧縮の同じ状態が続いて、爆発して、内外反転して、膨張後、飽きるのだ。 神はどれだけ、気長に待っているか。ごめんなさい。ありがとう。この後、エネルギーが体にみなぎるのだった。 これは、鳥肌のような感覚なのだ。振動でもある。 おし…

家でも気を使う 家で甘えるか、家でも厳しくするか 純粋フラット

貴方は家でリラックスするタイプだろうか?甘えるタイプだろうか。 どちらが愛なのだろうか。どちらでもいい愛、、、。眠くなってきた。「かみさん」が呼んでいるかもしれない。ところで、私は、家の中で、寝転がってリラックスして、読書をしたり、スマホを…

もどかしさの魔 無生物への感謝 やり方

伝わらないと、もどかしさを感じる。が、実は、それは、自分へのメッセージなのだ。負けないことだ。伝わると信じ続けることだ。私も、なかなか伝わらないと、嫌になるときもあるが、甘えなのだ。何かしら、自分に対するメッセージなのだ。私は、小心者であ…

復讐 愛する視点 怒りを認めない魔

復讐というのを愛する視点とは、どういうものだろうか。 私は、ずっと怒りを抑えてきた。恐らくかなり溜まっていた。誰でもそうだと思う。が、愛を考えると、復讐はできないと思い込んでいる。私は、嫌いなひとがなくなればいいと思っている。怒っている自分…

お供えもの 無意識マップの完成

「お供え物は、いらない。」 「お供え物は、いる。」 この二つの視点がある。 究極的には、「お供え物はいるともいえるし、いらないともいえる。どちらもある。どちらもない、、、、、、、」なのだ。 これが、この世界を文章で表現する最適な表現だ。何の事…

宣言の威力 悪口や陰口を愛する視点

会話は、宣言の連続にすると良い。 今日やる事をお互いに言い合うのだ。「明日は6時15分に起きる」と自分にプレッシャーをかけるのだ。この宣言し合いが、自分達を救ってくれるのだ。自己啓発でも、同じ事だ。 だが、やりすぎを見極めるポイントは、自分が、…

プロ アマ 違い やり抜けるかどうかの魔

プロとアマの違いというのは、どういうことだろうか。プロの道具があっても、行う人間が、プロ意識がなければ、プロにはなれない。私は、プロのタッチボードを購入したが、プロになれるかどうかわからないという魔にやられて、ダラダラと携帯のスマホで、記…

話しづらい事を話したくない魔

話しづらいという魔に負けていないだろうか。 私は、よく負けた。が、たいていは、考えすぎなのだ。勝つと、必ず勝った分だけ、嬉しいのだ。私は、こんな事言っていいのだろうかという羞恥心が子供の頃から物凄く強かった。 なぜ、周りの人は、ここまであっ…

切り替える自由 切り替えない自由

人間には、思考を切り替える自由もある。切り替えない自由もある。ただ、カルマがあるのだ。私は、魔の研究をしていた。サタンというのは何なのか、調べていた。薄々気付いていたが、やはり同じことだった。内容が薄い(´∇`) 気持ちの切り替えが下手な人が無…

完璧主義 改善

私は、とても怠け者だ。 だからこそ、人間が最低限しなければならない事を伝えたい。 私は、死ぬのは自由だが、それなりの代償があるとだけ伝えたい。 私は、死にたがる行為ばかりしていたので、それがわかった。ここまで、自分を苦しめて、ごめんなさい。 …

起きたというのは、どこからか 甘えと甘え 思い込み

私は、自分の思考の牢獄にいたようだ。 が、自分の思考というのは、とても狭いのだ。広くすることもできる。まだまだ、調査が足りない。魂の仕組みも、はっきりしていない。私は、知ったかをしている自覚がある。いつも、見守ってくれてありがとう。何の事か…