verymuch8’s blog

日々の様々な事を雑多に書いてます。スピリチュアルや哲学が主な分野です。専門分野は、日常生活の微差(微妙な差)の研究で、日常生活でふと疑問に思う事を書いています。

2017-01-30から1日間の記事一覧

言い間違い

相手の言い間違いを、笑えるかどうかが、素直になっているかだ。 私の母は、よく言い間違いをする。私も言い間違いをする。が、まだまだ神も楽しみたい。訂正しなきゃいけないというのは、ないのだ。神もまだまだ楽しみたいのだ。股か重なりあいたいのだ。私…

ご機嫌取りと気遣いの違い

ご機嫌取りと気遣いの違いだ。 これは、難問だ。誰かに解いてほしい。 あるテーマに関して、自分が圧迫された経験がないことは、うまく書けないという真実があるのだ。 私には、お手上げで、書けないのだ。 人それぞれ人生があるから、圧迫された事が違うし…

形にこだわるorこだわらない重要性

形にこだわる重要性は、誰しもこの物質社会では、感じるだろう。 が、それは、見栄かもしれない。 ただ、物事の整理をつけるのは、大切なことだ。やはり、光と音波というのは、速度が違う。物質というのは、維持している時間が長いとも言える。 生命で、人生…

色のエネルギー 美術学色彩

色には、エネルギーがある。 派手な色は、周りを明るくする。 おすぎとピーコ。ではなくて、ピンク色の服を着ているメオト芸人は、とても元気な気持ちにさせてくれる。トレードマークというものだ。こういうのを、認める人であってほしいとも思うのだ。いつ…

話され過ぎる魔 話し過ぎる魔

ずっと悩んでいたことがあった。 人との関係でも、同じことが起こる。 私は、母といると、たいてい話され過ぎて、自分が喋りたいのを、ふと心から、浮いてきても、喋らない癖がある。 これは、実は、魔なのだ。 理性が強すぎると、そういうことが起こる。 が…

仕事がなぜ面白くないか お礼の形

仕事がなぜ、面白くないか。 いや、面白いとも言える。 が、今回は面白くないパターンから考えてみよう。やはり、固定化するから、面白くないのだ。 この手順で、ここまで、このようにすると、絶対固定化するから、面白くないのだ。 が、社会を維持するのに…

本の作り方 本の章分け

本を作るには、どうするのだろうか。 考えてみた。 ■書籍名 ■目次 ■はじめに ■章立て ■あとがき ■プロフィール ■出版社 □書籍名 真の平和の作り方 目次はじめに 真の平和というのは、どのような世界か、一緒に考えませんか。 この21世紀の時代には、様々な困…

感謝 やり方 速くやりながら感謝する

早くやりすぎる人は、感謝が難しい。 例えば、私の母は、現代人の典型で、物事をササッとやる癖がある。なので、多くの循環を回せる。が、反対に感謝しながらするのが、難しくなる。 意識世界にエネルギーが、回っている。 無意識世界にエネルギーが、回って…

アイデンティティと行動パターン 思い込み

人は、同じような行動パターンを繰り返している。それを、自分だと思い込んでいる。アイデンティティの蓄積だ。私は、朝に弱いというアイデンティティから、朝に強いというアイデンティティに変えている。徐々に早くしている。そうすると、あの人は、朝に弱…