才能があるならやってもいいよという魔

才能有るのかしらという魔がある。才能があるならやってもいいよという魔がある。この魔にやられている人は多い。一瞬不安にさせられる。が、才能は、自分で磨くものなのだ。 まず、やりきらなければ、才能というのは磨かれないのだ。 私は、才能探しをして…

スリと脅迫

スリは、当たり前だが、「盗んでやろうとする」魔に負けている。 魔が差すと、スリに快感を覚えるようになる。 そして、常習犯になり、 いつの日か、刑務所に入ることになるルートが作られる。今回は、当たり前の事を書いている。手グセが悪くなる。私は、ス…

家族のパンツを洗えるかどうか

新しい教育の問題は、どのようにすれば、魂に響かせられるかという事だろうか。 人間には、分けるという頭がある。だから、分ける動作ばかりするようになっている。 逆に統合するというのが、弱いのだ。 また、魂と相談しながら、生きるのが良いのだ。笑いの…

死後の世界 あるかないか

死後の世界がどうなっているか気になるのではないだろうか。私もなかなかわからないところが多いのだ。 最低限言える事は、死後の世界は、走馬灯のように、自分の人生をフラッシュバックするようだ。二回の生死を分ける戦いを私自身したので、それがあること…

統合失調症を患っていた有名人たち(芸能人、俳優、偉人) - NAVER まとめ 統合失調症を患っていた有名人たち(芸能人、俳優、偉人) - NAVER まとめ

迫害の魔 五感覚 遮断

迫害の魔というものがある。 自分が、純粋な事をしているのに、何かいけないのかなと感じる魔だ。 私は、家にいるが、テレビを見ているわけではない。テレビも、時たま必要なのだ。会話の種になるからだ。 テレビを見ている人を悪く言っているのではない。が…

統合失調症 直し方

私は、統合失調症に現在かかっている。 これの直し方もまたないのだ。 お風呂に入るのも一苦労なのだ。 徐々に直していきたいところだ。 特効薬のようなものがあればいいのだが、そうもいかないのだ。記事を書くのも一苦労なのだ。あれこれやってみることだ…

幻聴 直し方

酷い幻聴にうなされることはないだろうか。 私も、ひどい幻聴にうなされたことがある。 「お前は弱いだの」「なら死んだ方がいい」「」といった内容だ。 これに対する対応策は、本当になかなかないのだ。 「音楽を聞けばいいだの、運動をすればいい」だのと…

遺品 供養 捨てるか

遺品をどう扱えばいいか悩むことはないだろうか。故人のものを、どう扱うかという悩ましいテーマだ。結論から言えば、意識体に聞いたところ、タイミングを見計らいながら、徐々に捨てていけば良いのだ。急にすぐに捨てなくてもいいし、ずっと長く持たなくて…

小池都政 圧勝

今回は、専門外の話。 小池都政が市民の声を代弁した選挙結果になった。自民党は、苦境に陥ることになった。やはり、専門外の事を書くと、ありきたりな文章になる。 選挙と感謝を繋げるのも一苦労するものである。いつまでも、小池都知事は、初心の市民の声…

欲と欲 欲望 葛藤

欲望というのは、適切に使うことも大切なのだ。 勿論、無欲というのを一度は手に入れると、大自由になるのだ。 欲望の虜にならずに済むからだ。 だが、通常人間は、欲と欲がぶつかり合うから、繋がりが、マッチングが生まれるのだ。 無欲同士だと、マッチン…

感謝 税金を意識

年金の納付が遅れていた。 税金を意識する事。 紙を作らせたことにごめんなさい。 そこにも、税金が使われているのだ。 だから、ごめんなさいなのだ。 やはり、私情はどうあれ、当たり前の連絡や手続きに対して、しないのは、間違いなのだ。だから、ごめんな…

人間観

人間は、魔に負けているし、勝っているのだ。良い面だけ見せようとする魔もある。 信頼度が高い共同体の構築には、どの人もそうなのだと、見せ合う社会なのだ。信不信信不信を、繰り返すのではなくて、どの人も、勝ったり負けたりしているのだ。神は、全てお…

目に見えない世界の共通箇所 区分け

目に見えない世界というのは、様々な区分けがされているのだ。 肉体、魂体、霊体。 肉体、心、魂。 肉体、エーテル体、、、。 肉体、霊魂、、、。 肉体、神仏、、、。 肉体、全知全能の神。 肉体、学問の神、、、。 肉体、想念体、、、。 肉体、心、精神、、…

課金blogになぜしないか

課金のblogに、どうしてしないのかというと、やはり課金blogにすると、「お金」にまつわる話に、集中してしまうのだ。 それは、お金を払っていただくと、その分のお金になるようなテーマにする必要が出てくるからだ。 例えば、節約方法や、人脈の構築方法や…

理想的な食事 エネルギー交換とカルマと感謝の関係性

理想的なレストラン理想的なレストランというのは、どういうのか本質に到達した。 それは、全てが時価で変動制のレストランなのだ。入店から退店まででのエネルギー交換によって、請求額が変わるレストランなのだ。時価というのは、高級寿司店だけではないの…

森友学園 評判

森友学園 シナリオ作成 森友学園に関しては、衆院予算を通すための、スケープゴートの役割なのだ。野党としては、追求している威勢の良さを、感じさせられる。 与党としては、一定数のわざと痛手を被るふりをできる。 が、わざと騒動的に報じているが、そこ…

財布の中身 整理整頓 最終決定版 物の管理とカルマと無意識マップの完成

財布の管理 最終決定版 財布の中に何を入れればいいか、悩んだことはないだろうか。私は、銀行口座カード3枚と定期SuicaとTSUTAYAカード、海外専用クレジットカード、クレジットカード1枚、保険証、免許証緊急連絡先メモ、簡易版交通マップ表、お守りで十…

性欲の完全克服方法

長年の人間を悩ませた。私も悩んだ。彼も悩んだ問題だ。 性欲の完全克服法である。巷には、ヨガの運動。激しいスポーツ。とにかく忙しくする。とにかく我慢する。 または、向き合うのをやめて、もう開き直る。等々がある。 が、やっとこの問題に終止符が打て…

頭が良いという幻想 本質の追求

頭がいい人が作る社会が、頭がいい人が問題の本質がわかっているという幻想を、そろそろ止めにしませんか。 という問題提起だ。 もうそろそろ、気付こう。 どの人も一緒だという事に。どの人も、何かしらの鍵を持っているのだ。これが、民主主義なのだ。 ど…

新しい国語の融合問題① 諺とイチローと日常

新しい国語の融合問題 覚える事が重要ではなく、活用する事が重要なのだ。これは、論をまたないだろう。 これからの時代は、 既存学習事項と、日常生活、そして先端事例、宇宙のヒトツの動きをリンクさせた 「四角形的スパイラル学習」が、誰にでも必要なの…

人生で、絶対にやってはいけない事の教育

私は、無知だった。この世界で、絶対にしてはいけないことがあるなんて。教訓と自戒のために、書こう。 人生で、本当にやってはいけないことがある。ランキングにしてみた。 ①悪魔霊媒 (偏差値74) ーーーーー ②恒常的な自殺願望や復讐などの悪想念発揮(偏差…

新しい融合問題① 日本史、時事、日常生活、内外反転の1つの動き

設問1 上杉憲信は、宿敵の武田信玄に対して、相手方の苦しむ民を重んじて、「敵に塩を送った」とされる。もし貴方が、上杉憲信になったとして、戦争を避けるインスピレーションを与えるために、停戦協定の手紙を送るとしたら、どのようなものを送るか考えな…

小宇宙論 人間の体の三重性

人間小宇宙論というものがあるのを、耳にしたことはないだろうか。 肉体、魂体、霊体で話がつく。宇宙の中 をぐるぐる回る。 (肉体的観点) 宇宙の外 をぐるくる回る。(魂体的観点)宇宙の外と中をひっくり返しながら、往復する動き。(霊体的観点)宇宙の中を、…

神人合一のイメージと方法

ちまたに溢れる神人合一の誤解イメージがある。それは、神人合一体験をした人が、情報を隠している事と、自分自身を尊大に思いたい脳の仕組みにやられている。または、難しく表現しているのだ。宗教的権威を作りたいのだ。高度に見せた方が、金が手に入るか…

お金の認識と体の三重性

お金の認識には、それぞれの体で認識が違うのだ。人間の体には、三重性がある、肉体、魂体、霊体である。それぞれ、見方が違うのだ。これを、言葉で考えてみよう。 肉体的観点 お金は、あるだけあったほうがいい。お金が沢山あれば、幸せに違いない。 魂体的…

公人と私人のカルマの解消法の違い

公人と、私人は、カルマの解消法も違うのだ。 公人は、罪を作った場合、影響力が圧倒的に強い。 その分、解消するのも、大変なのだ。 だから、同じような大多数への謝罪しか方法はないのだ。 それだけ重い責任なのだ。私は、私人なのだが、敢えてこのようなb…

目に見えるもの 人間が向かうべき所有概念

目に見えるものは、自分が所有していると思っている。が、本来は、誰のものでもないのだ。 その事を、悟っている人同士は、携帯電話もシャッフルできるし、人も紹介し合えるし、何でもシャッフルできるのだ。 実は、その方が、みんなで、問題が少なくなるし…

目に見えないもの 人間が向かうべき所有概念

目に見えないものを、人間は、所有しているように思っている。 これは、頭が痛い所なのだ。 目に見えないもののある情報を、ある人から聞くと、そのある情報は、そのある人の所有物のように、脳で感じてしまうのだ。 私も、この魔によくやられていた。が、そ…

強烈な魔に対して カルマの解消法

強い魔に対して 今日は、何の魔を記事に書こうかと悩んだ。 そう、トラウマを思い起こせば、各年齢で、だいたいのトラウマがあるのだった。 中学校の部活、高校の部活、受験、リストラ、失恋、宗教脱退、宗教脱退、家族の死。 まあ、誰でも、多かれ少なかれ…

手書きの手紙 お金と感謝の関係性

私たち家族は、福寿山如意院の森山住職にお世話になっている。 お金以上の事を相手がしていただいているというイメージが大切なのだ。 封筒も、きっちり敬意を込めて、感謝の念で、書き、送るのだ。この作業を怠ると、大変なのだ。ごめんなさい。ありがとう…

表現の自由度と、無所属のメリット デメリット

表現の自由と、所属の有無の関係がある。無所属は、 メリット ①表現の自由度が高い。 ここは、最大の特徴だ。 ネットのblogであれば、スポンサーや関係者を気にする必要がないからだ。 表現の自由度として、本質に迫りやすい。 私は、何でも自由に、本質に迫…

人生逆転の仕方 その当時の圧迫と表現

人生の黒星を、白星に、そして、レインボーにする方法を伝えよう。 自分の失敗を、大人数に告白することなのだ。これにより、黒星を白星に、そして、レインボーになるのだ。 「こんなのしたから、こうなった。」というのを独白するのだ。それは、悟りのある…

360度の大自由のアイデンティティの獲得 洗濯物

洗濯物をこまめに洗った方がいいか、大量に洗うのがいいか。 「どちらでもいい。」よりも、「洗濯物を、時と場合により、こまめにも、大量にもどちらにも使い分けて、洗えば良い」 なのだ。 「どちらでもいい」というのは、やはりどっち付かずの表現に聞こえ…

自殺肯定視点 自殺の種類とカルマ量、日常生活のカルマ量との比較

自殺ダメダメばかりがほぼ100%だ。 が、今回は、自殺というのの、敢えて肯定するのは、何か。何十年も罪を作るより、自殺した人の方が、純粋なのだ。 そっちの方が、実はマシなのだ。 勿論、自殺は、膨大なカルマになる。これは、人間が想像しづらいクラスの…

力と生意気 純粋フラットの名前の意味

力で、押さえ付けるのだ。 生意気な人に対しては、それしかないのだ。私は、力で押さえ付けられた。生意気だったからだ。公安学をしっかり勉強した人は、力で押さえ付ける意味を理解している。法律を犯した子供は、少年院に行けば良いのだ。そこで、更正する…

ありえない真実 100%の人生

ありえない真実とは何か?私が、一番嫌だったありえない真実とは、この世のすべてが決まっているという事だ。 魂は、全てを決めて生きている。魂通りに生きているという事だ。魂がそのようにしているのだ。頭が痛いところだ。これは、スピリチュアルを極めた…

体の三重性と日常会話

最近は、かなり夢のトレーニングが進んできた。 夢を2分見て、起きて、「主」に確認して、内容に沿って、お祈りをする。 脳内に、イメージが浮かんだ人は、魂が弱っている人なので、愛の想念を送るのだ。もはや、見たこともない人も多くなってきた笑 または…

私の専門 最終結論版

私の専門は、何か、、、。 最終結論として、凝縮すると、 ①感謝と日常生活の微差②究極の実在への教育 この二点のみなのだ。 ただ、なかなかそんな簡単に伝えられるものではないので、あらゆる手段を用いて、表現しているのだ。 膨大な量をすれば、必ず凝縮す…

車の運転と魔 お金or純粋意識とエネルギー交換

普通に車の運転にも、魔があるのだ。 まずは、運転を手伝っていただいた方に感謝したい。ありがとう。ごめんなさい。今は、どの駐車場でも、止められない場所はないのだ。ここまでくるのに、3年かかった。やはり、ペーパードライバーから、そこまでくるのは…

聖書の欺瞞 離婚 無意識世界の拡張方法

聖書には、嘘も書かれているのだ。あまりこういうのは書きたくなかった。が、神からそのような話を聞くようになったからだ。ただ、量が多いので、誰かに代わりにやってほしいのだ。これは、非常に選別が難しいのだ。あらゆる魔に勝った人か、神の言葉を忠実…

顕在意識の良さと悪さ

顕在意識が強まると、飯が旨くなるのだ。 肉体次元の話として、貪って、がっつくと、美味しくなるのだ。 だから、貪る人は、食欲が強くなるのだ。食欲が強くなると、肉体の話として、飯が旨くなるのだ。食欲が弱くなると、魂体が活性化するのだ。イエス・キ…

プレゼント学 最終結論版

プレゼントを、誰かにあげる際に、どのようなもの選ぶかというのは、色々ある。 私も、様々なプレゼント攻撃をよくしたものだ。 ただ、貰ったものは処理に困る。 手作りのモノだと、余計に困ってしまう。ということは、 渡す際に「あげたものは、全部捨てて…

見知らぬ人への魔 温泉、コーヒー店の例

温泉施設には、どんな魔があるだろうか? 温泉に行った。 ここでは、様々な魔がある。 温泉のお掃除のおばちゃんに、マッパで、トイレはどこか聞く魔があった。 ちっちゃい女の子と目を合わせる魔もあった。 人の落とし物を、すぐ渡す魔もあった。 警備員の…

超能力 メリット デメリット

超能力のメリットとデメリットがある。 デメリットとしては、 ①周囲に知れてしまうというのも怖いのだ。自分への悪口や迫害というものが、知れてしまうのも、また頭が痛いものなのだ。 全ての周囲の人の陰口が認識したら、ビクビクしながら、生きないといけ…

究極の実在と神と悪魔 検証の余地

究極の実在は、善悪を超越している。 ただ、これはまだ完全には、俺は悟ってないので、最終結論にはできない、無意識マップなのだ、何でもかんでも、最終結論にすると、やはり信用を失うのだ、。無意識マップを検知して、ああ、ここは進んでないというのは、…

挫折の魔 利害関係の魔

やはり、利害関係の魔がある。 純粋に相手を思うと、利害関係を超えられる。自分で、こんなにしちゃダメだろうと思ってしまいがちだ。それも魔なのだ。 利害関係モードから、純粋モードに変えていくのだ。利害関係の魔に勝てば、どの人にも、神の座で、祈る…

間違った方向 神

神は、間違った方向に行っても、助けてくれない。いや、猛烈に助けてくれているのだが、自分達で、より間違った方向に向かってしまうのだ。 これを、自戒の意味で、「神は、間違った方向に行っても、助けてくれない」のだ。これが、真実なのだ。 残念ながら…

バカな親 感謝

バカな親に付き合うと、身を滅ぼすのだ。 私は、子供達に言いたい。バカな親に付き合うなと。バカな親は、お互いを不幸にする行動をいつもしている。 その事に気付きもしない。いや、薄々気付いていても、バカな行動を悔い改めようとしない。 だから、バカな…

咄嗟に何か落ちる 割れる 意味

咄嗟に、何か落ちるというのはメッセージなのだ。 自分が何かタイミングをズらしたり、魔に負けたということなのだ。 私は、タバコが落ちた。マッチが落ちた。 これは、タイミングをズラして、しまったのだ。これに例外はないのだ。ごめんなさい。こういう時…