読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友学園 評判

森友学園 シナリオ作成 森友学園に関しては、衆院予算を通すための、スケープゴートの役割なのだ。野党としては、追求している威勢の良さを、感じさせられる。 与党としては、一定数のわざと痛手を被るふりをできる。 が、わざと騒動的に報じているが、そこ…

財布の中身 整理整頓 最終決定版 物の管理とカルマと無意識マップの完成

財布の管理 最終決定版 財布の中に何を入れればいいか、悩んだことはないだろうか。私は、銀行口座カード3枚と定期SuicaとTSUTAYAカード、海外専用クレジットカード、クレジットカード1枚、保険証、免許証緊急連絡先メモ、簡易版交通マップ表、お守りで十…

性欲の完全克服方法

長年の人間を悩ませた。私も悩んだ。彼も悩んだ問題だ。 性欲の完全克服法である。巷には、ヨガの運動。激しいスポーツ。とにかく忙しくする。とにかく我慢する。 または、向き合うのをやめて、もう開き直る。等々がある。 が、やっとこの問題に終止符が打て…

頭が良いという幻想 本質の追求

頭がいい人が作る社会が、頭がいい人が問題の本質がわかっているという幻想を、そろそろ止めにしませんか。 という問題提起だ。 もうそろそろ、気付こう。 どの人も一緒だという事に。どの人も、何かしらの鍵を持っているのだ。これが、民主主義なのだ。 ど…

新しい国語の融合問題① 諺とイチローと日常

新しい国語の融合問題 覚える事が重要ではなく、活用する事が重要なのだ。これは、論をまたないだろう。 これからの時代は、 既存学習事項と、日常生活、そして先端事例、宇宙のヒトツの動きをリンクさせた 「四角形的スパイラル学習」が、誰にでも必要なの…

人生で、絶対にやってはいけない事の教育

私は、無知だった。この世界で、絶対にしてはいけないことがあるなんて。教訓と自戒のために、書こう。 人生で、本当にやってはいけないことがある。ランキングにしてみた。 ①悪魔霊媒 (偏差値74) ーーーーー ②恒常的な自殺願望や復讐などの悪想念発揮(偏差…

新しい融合問題① 日本史、時事、日常生活、内外反転の1つの動き

設問1 上杉憲信は、宿敵の武田信玄に対して、相手方の苦しむ民を重んじて、「敵に塩を送った」とされる。もし貴方が、上杉憲信になったとして、戦争を避けるインスピレーションを与えるために、停戦協定の手紙を送るとしたら、どのようなものを送るか考えな…

小宇宙論 人間の体の三重性

人間小宇宙論というものがあるのを、耳にしたことはないだろうか。 肉体、魂体、霊体で話がつく。宇宙の中 をぐるぐる回る。 (肉体的観点) 宇宙の外 をぐるくる回る。(魂体的観点)宇宙の外と中をひっくり返しながら、往復する動き。(霊体的観点)宇宙の中を、…

神人合一のイメージと方法

ちまたに溢れる神人合一の誤解イメージがある。それは、神人合一体験をした人が、情報を隠している事と、自分自身を尊大に思いたい脳の仕組みにやられている。または、難しく表現しているのだ。宗教的権威を作りたいのだ。高度に見せた方が、金が手に入るか…

お金の認識と体の三重性

お金の認識には、それぞれの体で認識が違うのだ。人間の体には、三重性がある、肉体、魂体、霊体である。それぞれ、見方が違うのだ。これを、言葉で考えてみよう。 肉体的観点 お金は、あるだけあったほうがいい。お金が沢山あれば、幸せに違いない。 魂体的…

公人と私人のカルマの解消法の違い

公人と、私人は、カルマの解消法も違うのだ。 公人は、罪を作った場合、影響力が圧倒的に強い。 その分、解消するのも、大変なのだ。 だから、同じような大多数への謝罪しか方法はないのだ。 それだけ重い責任なのだ。私は、私人なのだが、敢えてこのようなb…

目に見えるもの 人間が向かうべき所有概念

目に見えるものは、自分が所有していると思っている。が、本来は、誰のものでもないのだ。 その事を、悟っている人同士は、携帯電話もシャッフルできるし、人も紹介し合えるし、何でもシャッフルできるのだ。 実は、その方が、みんなで、問題が少なくなるし…

目に見えないもの 人間が向かうべき所有概念

目に見えないものを、人間は、所有しているように思っている。 これは、頭が痛い所なのだ。 目に見えないもののある情報を、ある人から聞くと、そのある情報は、そのある人の所有物のように、脳で感じてしまうのだ。 私も、この魔によくやられていた。が、そ…

強烈な魔に対して カルマの解消法

強い魔に対して 今日は、何の魔を記事に書こうかと悩んだ。 そう、トラウマを思い起こせば、各年齢で、だいたいのトラウマがあるのだった。 中学校の部活、高校の部活、受験、リストラ、失恋、宗教脱退、宗教脱退、家族の死。 まあ、誰でも、多かれ少なかれ…

手書きの手紙 お金と感謝の関係性

私たち家族は、福寿山如意院の森山住職にお世話になっている。 お金以上の事を相手がしていただいているというイメージが大切なのだ。 封筒も、きっちり敬意を込めて、感謝の念で、書き、送るのだ。この作業を怠ると、大変なのだ。ごめんなさい。ありがとう…

表現の自由度と、無所属のメリット デメリット

表現の自由と、所属の有無の関係がある。無所属は、 メリット ①表現の自由度が高い。 ここは、最大の特徴だ。 ネットのblogであれば、スポンサーや関係者を気にする必要がないからだ。 表現の自由度として、本質に迫りやすい。 私は、何でも自由に、本質に迫…

人生逆転の仕方 その当時の圧迫と表現

人生の黒星を、白星に、そして、レインボーにする方法を伝えよう。 自分の失敗を、大人数に告白することなのだ。これにより、黒星を白星に、そして、レインボーになるのだ。 「こんなのしたから、こうなった。」というのを独白するのだ。それは、悟りのある…

360度の大自由のアイデンティティの獲得 洗濯物

洗濯物をこまめに洗った方がいいか、大量に洗うのがいいか。 「どちらでもいい。」よりも、「洗濯物を、時と場合により、こまめにも、大量にもどちらにも使い分けて、洗えば良い」 なのだ。 「どちらでもいい」というのは、やはりどっち付かずの表現に聞こえ…

自殺肯定視点 自殺の種類とカルマ量、日常生活のカルマ量との比較

自殺ダメダメばかりがほぼ100%だ。 が、今回は、自殺というのの、敢えて肯定するのは、何か。何十年も罪を作るより、自殺した人の方が、純粋なのだ。 そっちの方が、実はマシなのだ。 勿論、自殺は、膨大なカルマになる。これは、人間が想像しづらいクラスの…

力と生意気 純粋フラットの名前の意味

力で、押さえ付けるのだ。 生意気な人に対しては、それしかないのだ。私は、力で押さえ付けられた。生意気だったからだ。公安学をしっかり勉強した人は、力で押さえ付ける意味を理解している。法律を犯した子供は、少年院に行けば良いのだ。そこで、更正する…

ありえない真実 100%の人生

ありえない真実とは何か?私が、一番嫌だったありえない真実とは、この世のすべてが決まっているという事だ。 魂は、全てを決めて生きている。魂通りに生きているという事だ。魂がそのようにしているのだ。頭が痛いところだ。これは、スピリチュアルを極めた…

体の三重性と日常会話

最近は、かなり夢のトレーニングが進んできた。 夢を2分見て、起きて、「主」に確認して、内容に沿って、お祈りをする。 脳内に、イメージが浮かんだ人は、魂が弱っている人なので、愛の想念を送るのだ。もはや、見たこともない人も多くなってきた笑 または…

私の専門 最終結論版

私の専門は、何か、、、。 最終結論として、凝縮すると、 ①感謝と日常生活の微差②究極の実在への教育 この二点のみなのだ。 ただ、なかなかそんな簡単に伝えられるものではないので、あらゆる手段を用いて、表現しているのだ。 膨大な量をすれば、必ず凝縮す…

車の運転と魔 お金or純粋意識とエネルギー交換

普通に車の運転にも、魔があるのだ。 まずは、運転を手伝っていただいた方に感謝したい。ありがとう。ごめんなさい。今は、どの駐車場でも、止められない場所はないのだ。ここまでくるのに、3年かかった。やはり、ペーパードライバーから、そこまでくるのは…

聖書の欺瞞 離婚 無意識世界の拡張方法

聖書には、嘘も書かれているのだ。あまりこういうのは書きたくなかった。が、神からそのような話を聞くようになったからだ。ただ、量が多いので、誰かに代わりにやってほしいのだ。これは、非常に選別が難しいのだ。あらゆる魔に勝った人か、神の言葉を忠実…

顕在意識の良さと悪さ

顕在意識が強まると、飯が旨くなるのだ。 肉体次元の話として、貪って、がっつくと、美味しくなるのだ。 だから、貪る人は、食欲が強くなるのだ。食欲が強くなると、肉体の話として、飯が旨くなるのだ。食欲が弱くなると、魂体が活性化するのだ。イエス・キ…

プレゼント学 最終結論版

プレゼントを、誰かにあげる際に、どのようなもの選ぶかというのは、色々ある。 私も、様々なプレゼント攻撃をよくしたものだ。 ただ、貰ったものは処理に困る。 手作りのモノだと、余計に困ってしまう。ということは、 渡す際に「あげたものは、全部捨てて…

究極の実在と神と悪魔 検証の余地

究極の実在は、善悪を超越している。 ただ、これはまだ完全には、俺は悟ってないので、最終結論にはできない、無意識マップなのだ、何でもかんでも、最終結論にすると、やはり信用を失うのだ、。無意識マップを検知して、ああ、ここは進んでないというのは、…

挫折の魔 利害関係の魔

やはり、利害関係の魔がある。 純粋に相手を思うと、利害関係を超えられる。自分で、こんなにしちゃダメだろうと思ってしまいがちだ。それも魔なのだ。 利害関係モードから、純粋モードに変えていくのだ。利害関係の魔に勝てば、どの人にも、神の座で、祈る…

咄嗟に何か落ちる 割れる 意味

咄嗟に、何か落ちるというのはメッセージなのだ。 自分が何かタイミングをズらしたり、魔に負けたということなのだ。 私は、タバコが落ちた。マッチが落ちた。 これは、タイミングをズラして、しまったのだ。これに例外はないのだ。ごめんなさい。こういう時…

究極の実在まで辿り着く方法

ある意味このblogの総決算のテーマである。長らくお待たせした部分である。 究極の実在まで辿りつく方法である。 究極の実在とは、この世界の超越した俯瞰した存在を知れるということだ。今後は、より精密に辿り着けるマップを作成できるだろう。究極の実在(…

目に見えないものの呼称について

人によって、団体によって、目に見えないものの呼称が違うのが気になったことはないだろうか。私は、結構あるのだ。結論として、目に見えないものに対して、何と呼ぶかは、どちらでも構わないのだ。様々な呼び名をする人がいる「グレーとサムシング」「神」…

うまくいかなかった時の人への魔

うまくいかなかった時期に会った人に、その当時、迷惑をかけたとしよう。 期間が空くと、相手に対して、何か良いメッセージを送れなくなる魔がある。 頭では、送った方がいいと思っても、なかなか送るのには勇気がいる。送って良いのかも悩むからだ。たまた…

所属欲求の魔 どこかにいないといけない自分

どこかに所属してないといけないと思い込んでないだろうか?私は、所属欲求の魔に関しては、ほぼ長い期間をかけて、克服してきた。 が、たまに猛烈に集団に属していないことの魔がくるのだ。これは、いかんせん、自分を苦しめて、全部の活動をストップしたく…

夢に友達が出てくるケース 深層心理 活用法

夢で、昔の友人が出てくる場合は、ないだろうか? 何かしらのメッセージである。 そして、何やら嫌な夢の場合は、おそらく自分が過去にした相手への活動量と過去に相手が自分にした活動量が、釣り合ってない場合が多い。 相手は、私を意識してくれていたのに…

誰かが見てくれるわけでもないしという魔 物質社会

「どうせ、文字をノートに書いても、誰かが見てくれるはずもないし」という魔がある。 これに私は長年やられていた。どうせ自分が書いても、あまり意味ないという魔だ。 だが、これは魔なのだ。書きたいなら、書けば良いのだ。積み重なると、変わってくるの…

連絡の魔 スーパー編 金銭感覚の落とし方

私は、連絡する魔によく負けている。 例えば、何か購入するか、誰かに聞いた方がいいとインスピレーションが沸いても、やめようかと思う魔だ。 独りでに購入する魔だ。 これに負けた彼をきつく叱った時があった。今必要な物品は、それじゃないと。 しかし、…

宗教家 オチ 何かの拍子

私は、宗教家というのは、調べきっているわけではないと思うのだ。 確かに、あらゆる視点を調べている。 が、あと一歩違う気がするのだ。 ここは、まだまだ解けないのだ。 何かわからないが、何でもそうなのだが、何か一つの拍子で、一気にオチがある気がし…

信じ抜けないという魔

何かを信じ抜けない事はないだろうか? 私は、たくさんある。それは、自分を信じすぎているからでもある。そうはいっても、信じ抜けないという魔がある。が、これも神は、認めてくれているのだ。一定量神にしたがうと、良いことばかりして、自分を苦しめない…

自分にできるかなという技術の魔

技術の魔というものがある。 自分に、そんな能力が、あの人よりもないのではないかという魔なのだ。 特に、自分の能力が、顕在化があまりできていない時は、そういう魔が来るのだ。 が、ここに負けると、無意識マップが進まないのだ。 私は、自分の可能性を…

気功 もう一度いく魔

たまにもう一度いく魔というのがある。 よく負けていた。時が変われば、また違う見方になる。 私は、一年前に、「気功か怪しいな」と思っていた。が、今こうして、気功の部屋にいる。 そして、本に書いてあることの意味がわからせていただいた。ごめんなさい…

友達にこんなこと言ったらという魔

友達に、こんなこと言ったらという魔がある。私は、本を書くという事を言うのに、一瞬その魔があったが、何とかクリアした。友達や家族に言えないことは、どの人にもほぼ言えないからだ。また、今さら、これ渡しそびれたけど、渡すのどうかなという魔もある…

「これやったあとで」という魔

「これやった後で」という魔がある。が、たいてい後回しにしているのだけなのだ。決意が足りないだけなのだ。 私は、Facebookが嫌いなのだ。なんかアピールしてる感が嫌いなのだ。snsで友達を増やす行為が嫌いなのだ。この魔に大抵負け続けている。何か、自…

自立とは 定義

自立とは、何でしょう。 あの人は自立している。あの人は自立していない。 というのは、視点なのです。 ただ、自立していない人は、集団で育てられる必要があります。ということは、どの人も、自立していないのです。神からみれば、どの人も幼稚なのです。子…

頭でっかち 甘えの魔

私は、「どうでもいいや」という魔にやられていた。自暴自棄だった。自分の頭で、自分を苦しめていた。 スマホで、どでもいい甘えをしていた。甘えた甘えた。甘えて頭がおかしくなった。やらなくていいことをやり、やったほうがいいことをしなかった。おかけ…

そうは言ってもねという魔

そうは言ってもねという魔があります。私もよく引っ掛かります。相手の言っていることに対して、「そうは言っても、こうでしょ」というのは、誰でもあります。が、それも魔なのです。魔に勝った人は、愛を持って、それに対応します。それが、できるのです。…

感謝とは何か 感謝 やり方

感謝の気持ちを持つには? http://www.n-assist.com/rikei/have_gratitude.htm感謝の気持ちを持つには? 頼る段階 頼らない段階 何かトラブルが発生する。私もつい焦ってしまう魔に負ける。私は、ポメラというテキストメモを使っている。が、途中で、わけの…

自己防衛の推測と自己の成長のための断定

自己防衛のための「だろう」というのは、どういうことだろうか? 私は、いつのまにか寝てしまった。が、これは仕方ないのだ。寝ながら、やることがあるからだ。が、寝ながらやることがあるというのは、普通の人の知識では、わからない「だろう」。この「だろ…

マンネリ 内外反転の一例

継続は力なりと、マンネリ惰性の魔 「継続は力なり」ということわざがある。が、継続していも、マンネリや惰性というものがある。これは、見極めが、とても難しい。何かをし続けている自分というのは、アイデンティティを蓄積している。が、そのアイデンティ…

無関心 無視 理由 有り難さ

無関心と無視の有り難さ 無関心と無視というのは、裏返せば、とても有り難いのだ。私は、「全てのものを愛す」と決めた。となると、世間一般で言われているネガティブイメージのモノも愛す。それは、自分を救うという事である。関心が無いという事は、何か自…