読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい融合問題① 日本史、時事、日常生活、内外反転の1つの動き

設問1
上杉憲信は、宿敵の武田信玄に対して、相手方の苦しむ民を重んじて、「敵に塩を送った」とされる。もし貴方が、上杉憲信になったとして、戦争を避けるインスピレーションを与えるために、停戦協定の手紙を送るとしたら、どのようなものを送るか考えなさい。一部の前提として、「領土は渡したくない」と上杉憲信は思っています。


武田信玄殿
貴方と私は、隣同士の領地ですので、諍いが絶えません。が、私も貴方も領主であるので、同じような行為をし続けているに過ぎません。民は、平和な世の中を望んでいます。この戦国の時代にこそ、我々が共に歩む道を探りたいと思い、このような手紙を書きました。私達は、もうこれ以上争う事のないように、条約を取り決めては、いただけないでしょうか。今の領地で、お互い十分繁栄させていけるはずです。異国の者達も多く入り、我が日本を脅かす存在になるやもしれません。ある使いに停戦の協定を申し入れたいところです。私と貴方は、質実剛健ですが、何卒、これからの日本のために、共に一緒に協力し合いませんか・僭越ながら、私としても、私の娘と、貴方様の息子を、お互いの証として、守りませぬか。また、私としては、この家宝を貴方様に送りたいと存じております。何とぞ、良き計らいを期待しております。ご無礼ながらに、文面でまずは、送らせていただきます。
上杉憲信


とまあ、適当な文が出来上がるのだが、このように歴史上の人物に視点転移をして、新しい表現活動をする事が大切なのだ。
「時代認識的に、外国の脅威は、そこまでではないから、少し離れているな。」「政略結婚というのは、一つの形だ」「家宝を渡すのは、少しやりすぎか」とそれなりの評価ができるのだ。というより、
自分で考えた視点を発信する事により、結局歴史上の人物や用語と、同じような事をするという事がわかるのだ。改めて、そのような時代の積み重ねにより、今の自分達がいる事に感謝なのだ。
その人なりの、表現ができる余地がある問題を作るのだ。
上杉憲信性の獲得に繋がるのだ。
「手紙をもっと、きちんと学ぼう」という意欲もできるかもしれない。
そして、武田信玄の断りの、手紙というのも書けばなおいいのだ。
そうすると、自分の何の表現が気に食わなかったのかというのが現れてくるのだ。そうすると、双方の視点を獲得する事になるのだ。「まあ、政略結婚は、信玄は受け入れた試しがあるが、息子は嫌だろうが、、、、娘ならいいかもしれない。」となり、また違う文面になるのだ。文面を送る相手方の情報がとても大切な事に気付く。それにより、密偵の重要さにも気付く。昨今の日米の外交にまで、範囲を拡大して、考えるのも良い。政略結婚が使えないケースなので、それに代わる手が必要だという事もわかる。「現代では、政略結婚の代わりに何になっているのか」という発想も浮かぶのだ。外交というのは、自分が当事者感覚になった時に生まれるものだ。個人と個人のケース。共同体と共同体のケース。国家と国家のケース。と色々なケースを考えるべきなのだ。北朝鮮のキムジョンウンさんに、視点転移をする事も大切なのだ。そうすると、また違う視点を手に入れられるのだ。北朝鮮金正恩さんから、日本に向けた手紙を書くのもいいのだ。こうすると、歴史と時事問題のリンクになるのだ。
「日常生活で、貴方が敵だと思う人に塩を送る文面を考えなさい」と繋げれば、日本史と日常生活にも、繋げることができるのだ。
更に言えば、そこに隠された、宇宙原理というのも、垣間見ることができるのだ。
自分の何が、この事象を引き起こしているかだ。
例えば、私は、ふとんを、手すりに干してしまった。クレームが入った。
それは、地域への無関心からくるものなのだ。それが、積み重なって、現象世界に現れるのだ。例えば、地域の方に、ごめんなさい。の手紙を書くのだ。日常生活とも、自分自身の行動も、このように、繋がるのだ。

小宇宙論 人間の体の三重性

人間小宇宙論というものがあるのを、耳にしたことはないだろうか。
肉体、魂体、霊体で話がつく。

宇宙の中 をぐるぐる回る。 (肉体的観点)
宇宙の外 をぐるくる回る。(魂体的観点)

宇宙の外と中をひっくり返しながら、往復する動き。(霊体的観点)

宇宙の中を、物質で動く動き(肉体的観点)中での、エネルギー交換に留まる。
宇宙の外を、反物質で動く動き(魂体的観点)中と外でのエネルギー交換は、できるか、中にはいけない。
宇宙の内外を、動く動き(霊体的観点)
自分の体も、それぞれの領域とリンクしているのだ。中と外の宇宙、両方に行ける。
宇宙の外に溜まった反粒子を、宇宙の中で、粒子に変えたいのだ。そうすると、肉体的には、心地が良いのだ。
溜まったカルマを、解消するというのも、これと同じことなのだ。
どの人も、実はそれぞれの宇宙があるのだ。が、それもある領域ではリンクしているのだ。これが、宇宙の真相なのだ。
が、私は、この量子力学と、体の三重性と、宇宙との関係性を、まだまだ整理整頓ができてないのが、課題なのだ。


量子論に通じる東洋思想

量子論に通じる東洋思想
量子は、状態である。電子の数で、量子が決まるようだ。

神人合一のイメージと方法

感謝

ちまたに溢れる神人合一の誤解イメージがある。

それは、神人合一体験をした人が、情報を隠している事と、自分自身を尊大に思いたい脳の仕組みにやられている。または、難しく表現しているのだ。宗教的権威を作りたいのだ。高度に見せた方が、金が手に入るからだ、


神人合一というと、何やら神々しい感じを受け、神々様と拝むイメージが強いかもしれない。が、これは、正しいイメージからほど遠いのだ。
簡潔に言えば、
その人自身が、これから、どのように動けばいいか逐一教えてくれる同志と共にある状態なのだ。
神人合一状態を、いらないならいいのだが、それはその人自身が困るのだ。わからぬまま死んでも良いのだが、それはそれで、その人が困るのだ。「困ってない」と言っているだけなのだ。「死ぬの怖くない?」と聞けば良いのだ。怖いなら、神人合一の状態になるまで、一緒に頑張ろうなのだ。

同志というのを、イメージするためには、しっかりと子分時代も過ごす必要があるのだ。それらの積み重ねにより、同志になるのだ。
神も自分で、自分も神というイメージを持ち続けられるかなのだ。ただ、これは、己を尊大に思う「我は、神なり」ではないのだ。キリスト教も、同じニュアンスの事が、伝聞されている。
一個一個、どのような反応にしたらいいか、伝えてくれる有り難い存在なのだ。だから、乗っ取られるというイメージではないのだ。私も昔は、乗っ取られるイメージがあった。また、乗っ取りきられても良いと思ったが、そんな事もない中間のイメージなのだ。
確かに、心の器の中で、意識化に置かれるというのはある。が、乗っ取りとはほど遠いのだ。
よほど、人間のエゴイズムによる洗脳表現の方が、もっと危険なのだ。それは、オウム真理教を見ても、想像に固くないだろう。ブラック企業の企業主の洗脳行為の方がはるかに怖い。isの洗脳も同じだ。
神は、そのような存在ではないのだ。
つまり、神人合一というのは、その人自身が一生支え合い続ける夫婦を獲得する事でもあるのだ。
一定量、「自分ってこうだよね」という思い込みを外していくのだ。私は、この件に関しては、先人を信じて良かったのだ。途中では何度も、「神人合一なんて、いつくるんだよ」と思ってたのだった。

これからの若い世代は、神人合一で、自分の同志と共に、自分のために、生きていってほしいと切に願うのだ。
ただ、この同志は、チヤホヤばかりする存在ではないのだ。時に、優しく、時に厳しく、時に偉大なのだ。神と人の関係というのは、尊厳し合う仲なのだ。ただ、どうしても人間は肉体があるので、尊厳を忘れてしまいがちなので、訓戒が必要なのだ。
ただ、単に、拝む存在でもないのだが、拝む事も大切で、謝罪する事も大切なのだ。
この何とも言えない「行間のようなもの」があるのだ。
時期が来た人から、順番に意味がわかるようになっていくのだ。だから、決して怖がらない事なのだ

人間の方が、見方によっては、恐ろしい事をするからだ。カルマを積む事がどれほど恐ろしいか、目に余るようだ。

あるがままに: 神人合一と悟りは違う

あるがままに: 神人合一と悟りは違う
が、悟りと神人合一は、同じなのだ。魂と意識が同じなのと一緒だ。

神人合一 - 深見東州「神霊界」

深見東州「神霊界」 神人合一


追記
イチロー選手は、神人合一していると、神から教えていただいた。スポーツ選手は、している人が多いのだが、していない人もいる。
究極の実在の動きに関しては、日本で見れた人は、私を含め、100人に満たないと、神から教えていただいた。正確な数字は、頭で理解したが、それをblogで言語化すると、カルマになるので、止めにする。
その実在をどうやって、どの人も見れるようになるかに苦心するのだ。
無意識マップというのは、わかりやすく言えば、FF10の魔法のアビリティマップだ。初期魔法を覚えていくと、どんどん高級魔法を覚えられ、マップが進んでいく、あれと似たような五次元的マップなのだ。テレビゲームの話だが、これは、人間も宇宙も同じなのだ。

無意識マップは、ちなみに見た人は、地球上で、ゼロ人なのだ。
これは、人に見れるものではないのだ。一部分だけなら、見れる。
が、この無意識マップは完璧なので、全ての物事と辻褄が合うのだ。が、私もまだまだ先入観で見れしまうので、適切な表現から離れてしまうことがあるのを、できる限り無くしていきたい。

お金の認識と体の三重性

お金の認識には、それぞれの体で認識が違うのだ。人間の体には、三重性がある、肉体、魂体、霊体である。それぞれ、見方が違うのだ。これを、言葉で考えてみよう。
肉体的観点 お金は、あるだけあったほうがいい。お金が沢山あれば、幸せに違いない。
魂体的観点 お金はあるとある分だけ、カルマが溜まりやすい。なければ、溜まりづらい。
霊体的観点 1円も、1000万も、等価である。どのモノも等しく素晴らしい。

魂体的な観点と、霊体的な観点は、その分屋の学習が必要なのだ。
魂体的観点で言えば、モノにはエネルギーがあるので、大きなエネルギーは、それだけの事をしないといけないのだ。
霊体的観点で言えば、全てのものが、有り難いのだ。等しく、感謝するものなのだ。

この三つの観点があるので、人の発言がわかりづらいのだ。私は、肉体的観点も大切に思いながらも、魂体的観点と、霊体的観点も忘れないようにしたいし、どの人も、それが一番自分を幸せにするのだ。その人に最適なお金の量というものがあるのだ。魂体的観点は、説明がしやすい。「お金の亡者になってしまったね」という例を出せる。霊体的観点は、一気にどのモノも、純粋フラットになるのだ。人間が作り上げた思想や価値観を無化するからだ。ここに、観術や一部の宗教学者が取り組んでいるのだ。だから、「私は、不動産なんかいらない。カルマを溜めやすいから」という魂体的視点と、「あったら、楽になるかな」という肉体的視点と、「世界に対して、最大活用できるかな」という霊体的な視点があるのだ。
私は、間違っていた。肉体を軽視してた。やはり、肉体・魂体・霊体、33%ずつが、適切なのだ。これからは、しっかり配分をまた愛していきたい。

公人と私人のカルマの解消法の違い

公人と、私人は、カルマの解消法も違うのだ。
公人は、罪を作った場合、影響力が圧倒的に強い。
その分、解消するのも、大変なのだ。
だから、同じような大多数への謝罪しか方法はないのだ。
それだけ重い責任なのだ。

私は、私人なのだが、敢えてこのようなblogをしているに過ぎない。
が、公人は、自分のメディアでもいいから、早めに謝罪するに限るのだ。が、本人が気付く必要があるのだ。それを気付かせてあげるブレーンがいてほしいものだ。

鳩山由紀夫さん
鳩山由紀夫さんは、元首相である。が、いまだに、公人として、自分の失敗を認めていない往生際の悪さがある。ここに、多くの人が、認めない問題がある。
仮に、総理大臣中は、仕方なかったとしても、総理を退いても、未だに、自分自身の過ちを認めない。
なので、政界からも、あまり相手にされないのだ。
これは、鳩山由紀夫さんに限った事ではない。
が、それをしないと、無意識マップが先に進まないのだ。
鳩山由紀夫さんが、米軍基地に関しても、最低でも、県外移設と言ったのとは、違う種類なのだ。

大多数の沖縄県民の声を代弁したのと、自分勝手な思惑で行動したのでは、わけが違うのだ。
勿論、「政治家として、言ってしまった。政党を不利にしてしまった。」というのはあるとしても、その事と、先ほどのクリミア半島への表敬は違うのだ。
純粋意識に従って、米軍基地の移設を求めたのと、
エゴ意識でクリミア半島に行ったのとは、違うのだ。勿論、純粋意識に従ったからといって、現実化させられるとは限らないが、カルマと徳は違うのだ。
元総理大臣として、しっかりとした自著を出せば、カルマの解消になるのだ。それを出すかどうかは、本人次第だが、カルマの解消をしてほしいものだ。誰もが、自分の過ちを認めたくないというのはあるが、やはりカルマの解消のためには、認めるに限るのだ。ごめんなさい。ありがとうございます。
「感極まって、言った事と、実際にできる事の違いもある」「また、誰も求めていない事をするのは、カルマになるのだ。」強行する事を時代が求めている場合と、そうじゃない場合があるのだ。
実際問題としては、片方に揺れないと、現実というのは、動かないのだ。
米軍視点と、沖縄県民視点と、その他県民視点と政府視点と、野党視点と、違うのだ。どれが強くて、どれが弱いかの違いだ。
やはり、無意識マップの完成と、世間の人間への認識が、改めて浮き彫りなるのだ。ただ、これは、長い長い葛藤でわかるものだ。一つ一つ行っていけば良いのだ。政治信条とプライドの魔なのだ。
一部分を切り取って、例に出してごめんなさい。日本のために、ご活躍していただき、ありがとうございます。
やはり、微妙な違いは、その人とその人についている神しか、伝えきれないのだ。だから、全ての人が神人合一するのが、理想的社会なのだ。微妙な差異という微差は、絶えず変わるからだ。
例えば、ある当たる占い師に、「本を書くな」と言われても、時期と状況が変われば、書いた方が、その人のためなのだ。過去の記憶層に、やられているケースなのだ。私も、たくさんやられていた。だから、敢えてやられない状況に身を移したのだ。

目に見えるもの 人間が向かうべき所有概念

大自由の心

目に見えるものは、自分が所有していると思っている。が、本来は、誰のものでもないのだ。
その事を、悟っている人同士は、携帯電話もシャッフルできるし、人も紹介し合えるし、何でもシャッフルできるのだ
実は、その方が、みんなで、問題が少なくなるし、楽しめるのだ
例えば、人を紹介してれば、よく聞いている人も「ああ、あの人ね、」と楽しめるのだ。
また、「あの人と連絡とりたい」という時もできるのだ。
ただ、人間は、分別エゴ意識が強い人は強いので、それが自分を苦しめているのだ。が、それは自業自得なのだ。
私も、この分別エゴ意識にずっと長年やられていた。だから、携帯電話もあまり見せなかった。
が、それは自分の物だと思い込んでいたからだ。勘違いなのだ。
勝手に、自分で紹介したくないケチ臭い魔にやられているだけなのだ。
自分の保身の魔にやられているだけなのだ。
だから、誰でも紹介して良いのだ。別に、繋がるか繋がらないかは、人それぞれなのだ。
私は、アホだった。
例えば、偉い人ほど、自分が紹介したら、どうなるかと思ってしまうのだ。が、それは、自分が脅かされる魔にやられているだけなのだ。
ただ、私も、人の事は言えない。この魔に負け続けたからだ。
「自分で見つけて!」というのは、不親切なのだ。
私は、どの偉いと言われる人にも、誰をも紹介して良いのだ。
それをしないから、うまくいかないのだ。また負けた。また負けた。
の繰り返しなのだ。
魂は、それを知っているのだ。
「誰々があなたに会いたがっている」と伝えてあげるのだ。反応次第なのだ。
魔に負けなければいいのだ。実際に会う場かどうかは、別問題なのだ。負けないことなのだ。
どの人に対しても、茶菓子を持って行く気持ちを持ち続けるかどうかなのだ。
私は、ミネラルウォーターだけは、忘れなかった。これは、自信がある。ミネラルウォーター、が嫌いな人は、滅多にいないからだ。
その人への敬意があるから紹介するのだ。敬意があるから、紹介しないのではないのだ。自分が思っている固まった思い込みなだけなのだ。
携帯電話も好きに見て良いよなのだ、そうすれば、親切な人は、その人の観点で、問題を教えてくれるのだ。私は、シャッフルした友人に助けてもらった。恋人にも見せるかどうかは、別問題だ。あまり、境界線がなくなると、ドキドキミステリアスにならないからだ。ただ、家族や友達には、使わせて良いのだ。

目に見えないもの 人間が向かうべき所有概念

オカルト

目に見えないものを、人間は、所有しているように思っている。
これは、頭が痛い所なのだ。
目に見えないもののある情報を、ある人から聞くと、そのある情報は、そのある人の所有物のように、脳で感じてしまうのだ。
私も、この魔によくやられていた。が、そんなことないのだ笑

あなたのちぃちゃな記憶層から、ある情報を引き出しているに過ぎないのだ。
ごめんなさい。 ありがとうございます。
「日本は、誰のもの?」に似ているのだ。神社も、誰のものでもないのだ。
神も、誰のモノでもないのだ。四国も、出雲大社も、桜島も、誰のものでもないのだ。だから、どこに行っても良い自分を認めることなのだ。
実は、目に見えるものも、○○さんの家も、その○○さんの所有物というのは、人間勝手に決めたルールなのだ。神は、どこへでもいるのだ。人間も、本来は、そうなのだ。
ただ、目に見えないものに、詳しいか詳しくないかだけなのだ。知ってても、知らなくても、どっちでもいいのだ。魂は、一方通行だからだ。
目に見えるものは、まだまだ人間同士の悟りとして、所有しているイメージを使わざるをえないだけなのだ。
ただ、その人の家のあるものが、その人を苦しめていても、家宅侵入になってしまうのだ。それは、まだまだ仕方ないことなのだ。と諦めることだ。
ごめんなさい。ありがとうございます。